ハーブのパワーで!花粉症に負けないカラダづくり

暖かい日が増え、外出も楽しくなる季節。花粉症の人にはつらい時期でもありますね。花粉症に悩まされず春を楽しめるように、今年はハーブの力を借りて身体を整えてみませんか。薬が飲めないと悩んでいる妊婦さんや授乳中の人にもおすすめです。

lifestyle

花粉症対策のハーブ“ネトル”

花粉症の体質改善に用いるハーブの代表はネトル(学名:Urtica Dioica)、日本ではイラクサとも呼ばれています。ドイツなどでは冬から春への季節の変わり目に起こるアレルギー症状などを緩和するため、体質改善を目的としてネトルを中心としたハーブを内用する「春季療法」という習慣があります。ヨーロッパでは生活に溶け込んでいるこのハーブ、日本人にはあまり馴染みのないものかもしれません。でも実は、緑茶に似た味や香りを持ち、日本人にも飲みやすいハーブのひとつです。葉酸、ビタミンC、ミネラルなどを含むことから、花粉症対策だけでなく、妊婦さんにおススメのハーブでもあるのです。

ハーブティーの飲み方

ネトルのドライハーブをティースプーン山盛り3杯(約4g)程度ティーポットに入れて熱湯150mlを注ぎ、フタをして10分抽出させたものをいただきます。

ハーブティーは立ち上る湯気にもハーブの成分が含まれているので、いれたてを飲み、ハーブのパワーをたくさん身体に取り込みましょう。1日3回飲むことが理想ですが、まずはライフスタイルに合わせて、朝、食後、仕事のブレイクなど、習慣にしやすいタイミングを探してみてください。ネトルはカフェインを含まないので、夜に飲んでも睡眠を妨げることはありません。

花粉症対策におススメのブレンド

ネトルは飲みやすいハーブですが、香りや味が好みでない場合には他のハーブとのブレンドを試してみましょう。スッキリした香りが好きな人、花粉症で鼻や喉の症状が辛い人にはペパーミントのブレンドがおススメです。


ペパーミントのブレンドティーは、メントールの香りで花粉症でグズグズ・イガイガする鼻や喉をスッキリさせてくれます。花や果実の柔らかい香りが好きな人はエルダーフラワーとのブレンドがおススメです。ペパーミントとエルダーフラワーも花粉症対策によく飲まれており、この季節には欠かせないハーブです。

手軽に続けられるティーバッグ

ハーブティーは試してみたいけど、ちょっと面倒……という人は、まずティーバッグタイプからスタートしてみてはいかがでしょう。オーガニックハーブティーで有名な英国のpukka(パッカ)からは、花粉症のつらい季節にもおすすめのハーブティーとして、こんなかわいいパッケージのものが販売されています。

朝の目覚めの1杯や仕事中に気分をシャキッとさせたい時にもピッタリです。デスクに置いていてもオシャレに見える、というところも女性には嬉しいポイントです。
本格的な花粉シーズンに入る前に、今年はまず花粉症に負けないカラダづくりをしてみませんか? 想像以上にパワフルな植物のパワーを感じながら、春を楽しむ準備を始めましょう。