今度こそ続けたい!三日坊主で終わらせないためのちょっとしたコツとは……

新しくはじめた勉強や身につけたい習慣。続けたい気持ちはあってもついつい後回しにして、気がつくと忘れてしまう人も多いのでは? 

lifestyle

仕事が充実している時期は特に、プライベートでやりたいことがあっても三日坊主になりがち。そんな方必見、物事を続けられやすくするためのちょっとしたコツをご紹介します。

いつもの習慣とセットにする

すでに身についている習慣とセットにすると新しいことも習慣化しやすくなります。
例えば、本を読む時間を作ろうと思ってもなかなか新たに作り出すのは難しいものです。


そこで「お風呂でバスタブに浸かっている時間に本を読む」
「ランチの時間にお昼を食べながら本を読むようにする」というように、お風呂やランチといった毎日必ずしていることに新しく取り組みたいことを組み込むようにします。
私も以前資格の勉強をしようと思い立ちテキストを買ったものの、なかなか手を付けられずほったらかしになっていたことがありました。そこで会社のランチの時間に、お昼を食べ終わってから15分から20分くらい毎日勉強するようにしたところ、すんなりと習慣化できて最後までやり遂げることができました。

できそうなところまで、ハードルを下げてみる

「365日、休まずに毎日続ける!」と意気込むと、途方も無い気がしてなんとなく敷居が高くなってしまいます。そんなときは「それぐらいならできるかも」と思えるところまでハードルを下げてみましょう。

まずは1週間や3日だけでもいいので続けることを目標にします。数日だけでもいったん続けられると、せっかく続けたのだからと途中でやめるのがもったいなくなってきたりします。1週間続けられたら、そこからまたさらに1週間と期間をのばしていきましょう。
「嫌になったらやめてもいい」というくらい気楽に考えるほうが長続きすることもあります。自分にプレッシャーをかけすぎないようにしてみてください。

なんとなくやる気が起きないときは……

何かを続けるときに大切なのがやる気。しかし、こうした気分は自分ではどうにもできないもの。「やらなきゃ」とは思っていてもどうしてもやる気がおきないときは、目標を成し遂げた自分をイメージするようにしましょう。

例えばダイエット中なら、やせて理想の体型になった自分をイメージします。頑張った結果として得られるものが明確になると、やる気も湧いてきます。何かを始めるときは、まず目指すゴールやなりたいイメージを明確にしておきましょう。できればやる気のでる画像や動画などをいつでも見られるようにしておくと、やる気が出ないときに役立ちます。

少しずつでも継続することが大事

一度に多くをこなそうとするとハードルが高くて大変に感じてしまいます。少しづつできる範囲で始めるのがおすすめ。毎日何かを続けるのは大変ですが、少しづつでも毎日続ければ大きな成果に結びつきます。ちょっとしたコツを利用すれば習慣化もかなりラクになります。続けたいことがある方は是非試してみてください。