桜の花びらが可愛い、粋なパッケージのべっこう飴

昨年100万人以上が来場した「千代田区のさくらまつり」。今年は、3月28日(火)より開催される予定です。その「千代田区のさくらまつり」で発売される、新土産が粋で可愛い! 春を感じられる、粋なべっこう飴。オフィスで配れば、注目されること間違いなしです!

trip

今年は「千代田区のさくらまつり」で桜を楽しむ


3月28日(火)~4月6日(木)の10日間開催される「千代田区のさくらまつり」(開花状況により変更になる場合があります)。昨年は100万人以上が、桜を見て楽しんだイベントです。


桜の名所「千鳥ヶ淵緑道」のライトアップや、「千鳥ヶ淵ボート場」の夜間特別営業、靖国神社での模擬店など、桜を楽しめるイベントが盛りだくさん。なかでも、4月1日(土)、2日(日)に行われる、桜並木を巡る無料周遊バス「さくらカルガモ号」と無料シャトルバス「丸の内シャトル さくら祭り号」は必見! 千代田区の様々な桜の景色を、無料で見ることができます。

さくらまつりのお土産は、粋な「今昔名景 桜べっこう飴」


「千代田区のさくらまつり」で販売される「今昔名景 桜べっこう飴」は、お花見帰りのお土産におすすめ。


塩漬けされた本物の桜が入ったべっこう飴は、懐かしい甘さと桜の香りがする塩味が特徴です。


飴を包む個包装は、千代田区の観光名所が浮世絵風に描かれています。


パッケージは、浮世絵風の絵柄に千鳥ヶ淵の現代の風景を組み込んだ「今昔浮世絵」。レトロで粋なパッケージが、とても話題になりそう。

【商品詳細】
■商品名:一心堂本舗 今昔名景 桜べっこう飴
■価格: 500円(税込)
■内容量: 10粒入り
■販売店舗: 千代田区さくらまつり会場内「さくら観光案内所」
■販売開始: 2017年3月28日(火)

■ホームページ:http://www.isshin-do.co.jp