第二の勝負下着はガードルと判明!仕事用の勝負下着大調査

今日はプレゼンがあるから、頑張らなくちゃ! 働く女性なら、頑張りたい日や気合を入れたい日はあるはず。そんな時に着用する「第二の勝負下着」という考え方。異性を意識した下着ではなく、自分のスイッチを入れるための勝負下着なんです。

lifestyle

株式会社ワコールが行った「勝負下着」に関する意識調査。対異性のためではなく “自分のスイッチを入れるため”の勝負下着があることが判明しました。そして今回、25歳~34歳の女性70名を対象に、働く女性の「第2の勝負下着」に関するアイテムを徹底調査! ”ガードル”が支持されていることがわかりました!

第二の勝負下着は「ガードル」


「ガードルは仕事用の勝負下着になりますか?」という問いに、90%以上の女性が仕事をする時の勝負下着になると回答しています。ガードルを着用することで、仕事着をきれいに着こなすことができることが、女性の気持ちをあげてくれるようです。また、足や腰を引き締めるだけでなく、心も引き締まると回答した人も。ピンときれいに背筋が伸びると、なんだか心がシャキッとしますね。

気合を入れたいときは「ガードル」


ガードルを着用したいと思った理由として「気合を入れたかったから」が最も多く、50%近くの女性が回答しました。次いで、「いつもより自分を魅力的に見せたかったから」や「モチベーションをあげたかったから」と、自分をきれいに見せて気持ちをあげる、という人がガードルを着用しているのですね。


また、ガードルを着用する日の多くは、「来客がある日」や「客先への外出がある日」など、社外の人に会う場面がある日に着用すると答えた人が多かったです。社外の人に会う時は、緊張するから気合をいれたり、自分をきれいに見せて印象を良くしたいと思うのは、多くの女性が思う事なのかもしれません。

外見も内面もポジティブに


ガードルを着用した感想として「仕事用の衣服をキレイに着こなすことができた」「衣服をキレイに着こなすことができて、テンションがあがった」「気持ちが引き締まり、集中力が上がった」「自信をもって仕事することができた」という回答が、90%以上もしくは90%近い結果に。ガードルを着用することで、見た目もきれいになったことで気分もあがる女性や、気持ちが引き締まり仕事の効率が上がった女性が多いようです。

勝負の日はガードル着用!


「今後どのようなシーンで、ガードルをはいてみたいと思いますか?」という問いに対し、「客先への外出」や「転職、昇進試験などの面接」、「仕事でのプレゼン」と答える女性が多かったです。人前に立ったり、重要な人と顔を合わせる時など、人と接する時にガードルを着用して、気合を入れたい! という女性が多いようです。また、仕事以外でのシーンでは、「結婚式、二次会などのパーティー」など、やはり人と接する機会にガードルを着用したいと考える女性が多いようですよ。

ガードルを着用するとイメージが変わる!


「ガードル着用後イメージは変わりましたか?」という問いに対して、90%以上の女性が「変化があった」と答えています。変わったイメージとして、機能性や着心地、デザインがあげられました。今まで使っていなかったけど実際に使ってみたら、きれいに服を着こなせたり、引き締まったような気持ちになるようですね。

ガードルが緊張を和らげてくれる


心理カウンセラー・栫井 利依さんによると、女性は本来「自分を守りたい」という意識が優位に立ちやすいと言います。そのため、面接やプレゼンなどをするときに感じる、緊張やプレッシャーを苦手に感じる人が多いそう。気分をあげたり、モチベーションをあげることも大事ですが、一番重要なのは「自分を安心させること」だそうです。自分を安心させるために一役買ってくれるのが、下着。無防備になっている体を包むことは、安心へとつながります。下着で体を整えたり、お気に入りの下着や、フィットした下着を身に着けることは、気持ちの安心へとつながるそうです。第二の勝負下着としてガードルを着用することは、緊張やプレッシャーから自分を守り、外見以外にも「気合を入れたい」・「モチベーションを上げたい」といった気持ちのサポートをしてくれる役割を担っています。

大事な日は、第二の勝負下着を身に着けて


仕事用の勝負下着として、ガードルが女性に大きな影響を与えていることがわかりましたね。仕事に気合を入れるために、第二の勝負下着を身に付ければ、服をきれいに着こなすだけではなく、気持ちも引き締まり、気合が入ります。また、緊張やプレッシャーに弱い方は、安心へとつながる嬉しい効果も期待されます。気合を入れたい日、緊張する日は、ぜひ第二の勝負下着・ガードルを身に着けてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
・地域:1都3県
・対象:25歳~34歳の女性計70名(一般生活者)
・調査時期:2017年3月
・調査手法:インターネット調査(ワコール調べ)

【関連サイト】
■ ガードルは第2の勝負下着である。
http://www.wacoal.jp/2ndgirdle/
■『勝負下着』に関する意識調査」(2016年11月)
http://www.wacoal.jp/news/topics/201611/report.html