心を込めた手作りプレゼントにも♡この春習い事を始めるなら「プリザーブドフラワー」はいかが?

「枯れないお花」とも言われる、プリザーブドフラワー。大切な方への贈り物にもぴったりです。

lifestyle

プリザーブドフラワーとは……。生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材のこと。きちんとした環境に置いておけば、多少の変色はありますが、平均2〜3年、長くて5年は楽しめます。
また、色が落ちてもそれはそれでアンティーク感が出て、何段階かで楽しめるんです。

”枯れない”から、贈り物にぴったり

女性はやっぱりお花が好き。生花と比べて持ちが良いので、贈り物としても近年とても喜ばれています! ただ生花と違って既にアレンジメントされた状態で売っていることがほとんどなので、なかなかイメージぴったりの物が見つからないことも。そこで、アレンジを自分で出来るようになると、作る過程も楽しめますし、手作りの贈り物として相手にぴったりの物を贈ることができます♪

将来、自宅で教室が開けるかも!?

プリザーブドフラワーは、生花を染色する作業がありますが、すぐにアレンジメントできる状態の材料は、店舗やネット通販で気軽に手に入ります。
また、特殊な機械など必要がなく、作業自体は自宅で簡単にできるので、将来仕事にできる可能性も。女性が幸せになるお花に携わるお仕事なんて素敵ですよね。

教室も豊富。単発レッスンから資格を取るコースまで!

近年、プリザーブドフラワーの文化は広がり続けて教室も増えています。教室を開くことに特別な資格は必要ありませんが、協会が複数あり、協会が独自で設定する資格を取得することができます。
協会によって学べる内容や、資格を取得することによるメリットに違いがあるので、よく比較検討しましょう。
また、単発で材料費含め一回3,000円〜5,000円程度で受けれるレッスンも豊富。長く続くかわからないけど、まずは一回やってみたい、母の日のプレゼントを手作りで作ってみたい……など、気軽に始めてみたい方は一度体験してみるのが良いかと思います。

まずは好みの作品を見つけて、習ってみることから♪

プリザーブドフラワーは、色合いや使うお花、アレンジメントの仕方など、生花以上に幅が広いため、自分の好みがわかりやすく表現されるのも特徴です。まずは自分が好きだと思える作品や先生を見つけて、一度体験してみることをおすすめします。