おやつ時にささやかな幸せを。元祖いちご大福で、一休み

お仕事で忙しい日々に追われている時こそ、ちょっとした息抜きには甘いスイーツをという女性は多いですよね。コーヒーにぴったりのチョコレートや、ケーキなども良いですが、たまにはほっこりと和菓子に緑茶というのはいかがでしょう。 今回は、すっかり定番になったいちご大福の、元祖のお店へ行ってきました。

gourmet

元祖いちご大福は、なんと豆大福に苺が入っていた!

新宿、四谷、銀座にお店を構える「和菓子処 大角玉屋」は、元祖いちご大福の和菓子屋さん。なんと、昭和60年に誕生したそうです。早速名物のいちご大福を購入。

▼レトロな文字がかわいい
写真1

▼中には大粒のいちごが!
写真2

今や大人気のいちご大福。こちらのお店のいちご大福は、豆大福の中に苺がごろりと入っています。大粒の苺の周りを餡が優しく包み込み、餅は柔らかくもちもち厚めで嬉しい。食べ応えがある一品です。
餡は”粒あん”と”こしあん”が選べますので、お好みでどうぞ。豆大福の塩気のある豆と、苺の甘酸っぱさが、餡の甘さを引き立て爽やか。食べ応えのある大福だけれども、最後まで飽きずに食べれます。
熱いお茶にも合いますが、これからの季節、冷たい緑茶にも合う事間違いなしです。

こちらのお店、元祖いちご豆大福だけでなく、他にも様々な和菓子が並んでいました。
その中で気になったのを二つご紹介します。

 
 

梅が丸ごと入ったという、梅どらやき!

▼梅の文字がかわいいパッケージ
写真3

▼種付きの梅が真ん中にごろん
写真4

なんと、梅が丸ごと入ったという、梅どらやき!
甘く煮つけてある種付きの梅が真ん中にごろん。
ふかふかの皮に挟まれている、さっぱりとした甘さの白餡に、ほんのりと甘酸っぱさもある梅との相性は抜群です。
そして、普通の餡のどらやきよりも軽い印象です。
どらやきは、変わり種も多く、他にはいちごが入った物や、ブランデーの入っている物等もありました。それらも、とても気になります。。。!

 
 

薄皮に白餡がぎゅっとつまった「大栗」

▼ころんとしたパッケージ
写真5

▼真ん中に大きな栗
写真6

ころんとした可愛いパッケージの中には、これまたころんと可愛い焼き菓子が。
その正体は、薄皮に白餡がぎゅっとつまった「大栗」というお菓子。
その名の通り、栗がごろんと中に入っています。
見た目は小さいのに、食べ応えもあるお菓子。栗好きとしては、ついついもう一つ食べたくなってしまいます。

 
 

お仕事で頑張ったら、和菓子でのんびりと一休みを

頑張ったご褒美には、ちょっと食べ応えのある和菓子で、お腹も満たしつつ、のんびり休憩を。
小さな和菓子は、手土産や、ちょっとした差し入れにも喜ばれそうです。
忙しい時ほど、ちょっとしたご褒美休憩をはさんで、メリハリつけていきたいですね。

<DATA>
『和菓子処 大角玉屋』

本店
■住所:東京都新宿区住吉町8-25
■最寄り駅:都営新宿線 曙橋駅
■営業時間:9時~19時半
■電話番号:03-3351-7735

四谷店
■住所:東京都新宿区四谷3-6
■最寄り駅:東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅
■営業時間:9時~19時半
■電話番号:03-3358-8612

銀座店
■住所:東京都中央区銀座西3-1
■最寄り駅:JR 有楽町駅
■営業時間:10時~20時
■電話番号:03-3563-1535