お気に入りのテーブルの作り方~テーブルコーディネート・盛り付けのコツ~

雑誌やポスターで見かけるおしゃれな食卓に憧れをもったことはありませんか? おしゃれなテーブルやクロス、器を買うことは出来ても、飾り方が分からないと相談をいただくこともしばしば。おうちにあるものや、身近に手に入る物を工夫するだけでいつもよりちょっとオシャレで、おもわず写真に撮りたくなるコーディネートの工夫をご紹介します。ちょっと気になったお店により道するような、気軽な気持ちで始めてみてください。

lifestyle

気を張らなくても大丈夫。お仕事帰りにさっとできる3つのことを紹介します。

①お気に入りのランチョンマットを持っておく

ナチュラルテイストが好きな私は、無地のランチョンマット、ボーダーのランチョンマットを使っています。テーブルクロスでももちろんOK。テーブルの大きさに合わせて手芸屋さんで布を買うのも楽しいですよ。ついつい、沢山の物をもってしまいそうになりますが、2~3つのとっておきのお気に入りを大切に使いまわす事をオススメします。

基本の丸いお皿を持つ

買い物にいくと目移りしてしまうお皿たち。平たい丸いお皿1つで大丈夫。大切なのはお皿の形や色ではなく、そこに盛りつけるという手間を楽しむこと。無地のキャンバスに絵を描くイメージで盛りつけも楽しみます。

■三角形を意識して!ある日の3分夜ごはん
<材料>※分量は全てお好みでOK!
・ベビーリーフ
・プチトマト
・アボカド
・チーズ
・厚切りハム
・お好きなドレッシング

<作り方>
①ベビーリーフを敷きます。
②アボカドスライスを三角形を意識して盛りつけます。
③②の隙間にトマトとチーズ、ベーコンを置く。
④最後にドレッシングをかけて完成!
※トマトは水平にスライスすることで断面が綺麗に見えます。
※アボカドは1/4にカットし、縦に4つ切り込みを入れて皮を剥がすと綺麗です。

■赤・黄・緑の法則
この3色は盛りつけの基本。買い物で困ったら、この中にない色を探してみてください。わざわざ食材で探さなくても、お皿の色で補うのでも大丈夫。簡単に育つハーブを育てておくと、彩りにプラス出来るのでオススメです。


ブランカラーのワックスペーパーのススメ

一枚挟むだけで不思議とぐっとおしゃれに見えるワックスペーパー。クッキングシートも便利ですが、パン屋さんでよく見かける薄い紙のペーパーがオススメです。

普段何気なく袋をあけてそのまま食べるおやつもお皿にもって、一枚紙を敷くだけでお店で食べるようなおやつに変身。あえてくしゃっとして敷くとこなれ感が出ます。

つい、沢山のものを持ちたくなってしまうお皿やクロス。「持つ」ということより「ちょっとの手間」を楽しんでみませんか?選ぶポイントはいつの時も「シンプル」。お仕事で忙しかった日も、なんだかうまくいかなかった日も食事は目で見て楽しむところから美味しい空間が始まります。意気込まずに、自分のご褒美のような感覚で、ワクワクしながら
テーブルコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【手間】をかけることは実は気軽に楽しむ生活の近道です。