週末スパイスで新生活への活力を♪ おすすめのスパイス料理店&簡単アレンジ集

4月から新生活が始まって、少し疲れが出てくる時期。そんな時に食べて元気を出したいのがスパイス料理! お料理の香りづけや色味づけに使われるスパイスですが、古くから漢方薬として使われているものも多く健康への効果も期待できます。最近ではスーパーでも気軽に入手できるので、ぜひ体調を崩しやすいこの時期に色々なスパイスを試してみては?

gourmet

「スパイス料理とお酒」がコンセプトのお店「カッチャルバッチャル」

スパイスを使った料理は食べたいけれど、なかなか色々なスパイスを自宅で揃えるのは大変……。そんな方におすすめしたいのが、JR大塚駅から約5分の場所にある「カッチャルバッチャル」です。某有名ランキンググルメサイトの「インド料理」のカテゴリーで全国1位のお店で、「スパイス料理とお酒」をコンセプトにしているだけあって、お酒にぴったりのスパイス料理をたくさんいただけます。

スパイスがたっぷりかかった海老の香味焼きに

スパイシーな仔羊のシークカバブ

そして、なんといってもカレーの種類がたくさん。色々なスパイスが使われています!

辛さが控えめなものも多いので、辛いものが苦手という方でも安心。

どの料理も本当に美味しくてとてもおすすめなお店です。

【カッチャルバッチャル】
住所:東京都豊島区南大塚3-2-10 林ビル 2F
電話番号:03-5954-5551
営業時間:月〜土 18:00〜24:00

手に入れやすいスパイスと簡単活用法

<ターメリック(ウコン)>
カレーの着色スパイスとして使われるターメリックは、抗炎作用、食欲を増進させる効果や血流改善の効果があると言われています。
レシピ:炊飯器にお米 2合、ターメリック 小さじ1/2、バター 大さじ1 を入れて炊くと、簡単にターメリックライスができます。カレーと合わせてどうぞ!

<カルダモン>
チャイの香りづけによく使われるカルダモンには、胃もたれを軽減する効果、気分を落ち着かせ緊張を解きほぐし、疲れを回復させる効果があります。また、口臭を予防する効果もあるそうで、北欧ではお酒を飲んだ後にカルダモンの種を口に含む習慣もあるそうです!
レシピ:プレーンヨーグルトに砂糖または蜂蜜を少し入れてよく混ぜて、カルダモンのパウダーをふりかけるだけで、爽やかな風味のデザートができます。カルダモンパウダーはヨーグルトドリンクやラッシーにも合います♪

<クミン>
カレーの香りづけに使われるクミンには、胃腸のはたらきを良くして、消化を促してくれるなどの効能があります。下痢や腹痛など、お腹の調子がよくないときにおすすめのスパイスです。
レシピ:細かい千切りにした人参2本に、クミンシード 小さじ1、塩こしょう 少々、レモン汁 大さじ2、オリーブオイル 小さじ2を混ぜ合わせれば、美味しいキャロット・ラペの出来上がり。

<コリアンダー(パクチー)>
コリアンダーには、カロチンやビタミンが豊富に含まれています。その種子を乾燥させたのが、コリアンダーシードです。胃腸のはたらきを促し、食欲増進に繋がる効果、新陳代謝を活性化させてくれる効果、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。

<レッドペッパー/チリペッパー(唐辛子)>
レッドペッパーやチリペッパーに成分として含まれるカプサイシンはコレステロール値を下げる、血流改善、食欲増進、疲労回復など様々な嬉しい効果があります。お料理にも取り入れやすいスパイスですのでぜひ活用してみてください。

スパイスをうまく取り入れて、疲れを吹き飛ばし、毎日元気に過ごしましょう♪