遅い時間のごはんにおすすめ☆カロリー控えめホタテときのこのさっぱりバタポン丼ぶり

仕事の後遅い時間に帰宅し、「きちんとしたご飯が食べたい! でも遅い時間にがっつり食べるとカロリーが気になる…」というときにぴったりのメニューをご紹介します。メインのホタテは胃腸に優しく消化を助けてくれますし、キノコは食物…

gourmet

仕事の後遅い時間に帰宅し、「きちんとしたご飯が食べたい! でも遅い時間にがっつり食べるとカロリーが気になる…」というときにぴったりのメニューをご紹介します。メインのホタテは胃腸に優しく消化を助けてくれますし、キノコは食物繊維がたっぷりでカロリーが低いので女性にぴったりのメニューです。調理時間も短く済むので、仕事帰りスーパーでお値段OFFになっているホタテを見つけた際にはぜひ作ってみてください。

 

レシピ

<材料/1人分> 調理時間:15分
・ホタテ(貝柱のみ) 5~6個
・エリンギ 1~2本
・エノキ 50g(1/2袋)
・大根 1/3本 ※おろしておく
・かいわれ大根 適量
・ごはん お茶碗一杯程度
・にんにく 1片
・バター 10g
・塩 適量
・ブラックペッパー 適量
・ポン酢 適量

【作り方】
[1]ホタテはキッチンペーパーで水分をふき取り、塩・ブラックペッパーで下味をつける。

[2]中火で温めたフライパンにバターとみじん切りにしたにんにくを入れ、にんにくの香りが出てきたら[1]で下味をつけたホタテを焼く。両面に焼きめがついたら、お皿に移す。

[3]ホタテを焼いた後のフライパンに一口大に切ったエリンギとエノキを加え、火が通るまでいためる。

[4]どんぶりにお茶碗一杯程度のごはんをよそって、[2]で焼いたホタテと[3]で炒めたエリンギとエノキをのせる。

[5]大根おろしとかいわれ大根をのせ、お好みの量のポン酢をかける。

メイン写真候補2

 
 

ホタテの甘味を味わってください♡

ホタテと言えばお刺身を連想すると思いますが、火を通すと甘味がさらに感じられ、とっても美味しいのです。ただし火を通しすぎるとパサついた食感になるので、中はレアになるよう焼きすぎないように注意しましょう!
バタポンの味付け以外にも、少量のゴマ油で焼いたホタテとキノコを顆粒だしで味付けし、大根おろしにお醤油をかけて食べても美味しいです。