【GWのイベント情報】自然×映画の”体験型映画祭”。4月29日~は”森”での上映イベントも!

2017年10月7日(土)オールナイト開催が決まった「夜空と交差する森の映画祭」。その年ごとにしか体験できない特別な1日は”観る”を超えて”体験”する映画祭。今年の会場ははじめての”島”! 4月29日~5月6日までの限定上映も必見です。

trip

自然×映画。幻想的な映画祭


「夜空と交差する森の映画祭」は今年で4回目を迎える野外映画フェス。国内にある自然あふれる土地が舞台です。森、川、岩場などのロケーションを活かして特設スクリーンが設置され、まるで映画の中で映画を観ているような不思議な感覚に……。


自然豊かな光景は幻想的な雰囲気として演出され、非日常的な空間はため息もの。

今年の舞台は「アートの島」佐久島


今年の舞台に選ばれたのは愛知県三河湾に浮かぶ「佐久島」。西尾市一色港から定期船で20分ほどの船旅で到着です。小さい島ながらアート・モニュメントが立ち並んでいることから「アートの島」と呼ばれることも。


10月は20度前後と温かく、温暖な気候でだけ育つ植物たちが生息し、まさにトロピカルな雰囲気。
そんな佐久島全土で森の映画祭が繰り広げられます。

コンセプトは「しゅわしゅわ」


毎年、一夜限りのために設定された素敵なコンセプトが。今年のコンセプトは「しゅわしゅわ」。「気泡のように、現れては消えて儚くて切ない世界」が体験できるでしょう。

どうやって楽しめばいいの?

パンフレットをたよりに、島中を探検しながら映画をみることはもちろん、テントを張ったりフードコートでご飯を楽しんだり、思い思いの楽しみ方ができます。この一夜限りのために集まった人々や映画との貴重な出会いを期待できること間違いなしです。

幅広い映画のラインナップで、映画通も満足

毎年長編、短編などが50本ほどが、世界観に沿って選出されています。映画産業全体の橋渡しになるようにと、誰もが知る大作から、次世代作家のインディーズ映画まで幅広いラインナップが揃っています。

GW期間の限定企画も必見です


今年から新たにスピンオフ企画として「夜空と交差する交差する森の上映会 IN ゴールデンウィーク2017」が開催します。2017年4月29日(土)〜5月6日(土)までの合計8日間、毎日異なった短中編映画1本・長編映画1本をセットで上映されます。上演されるのは、アカデミー賞の話題をさらった「ラ・ラ・ランド」のデミアン・チャゼル監督による「セッション」や、子供に大人気の「ミニオンズ」などなど。ゴールデンウィークもぜひ夜空の下の映祭で素敵なひと時を過ごされてはいかがでしょうか。

「夜空と交差する森の映画祭2017」
日時:2017年10月7日(土)オールナイト開催
会場:愛知県西尾市 佐久島

Official Website

「夜空と交差する交差する森の上映会 IN ゴールデンウィーク2017」
期間:2017年4月29日(土)〜5月6日(土) / ゴールデンウィーク
時間:開場 18:00 / 上映 19:00~22:00頃
会場:白州・尾白の森名水公園べるが フォレストゾーン・森のイベント広場
販売:​入場券 一般 1,800円 / 高校生以下 1,500円 / 三歳未満 無料
   山梨白州観光 日帰りバスツアー券 / 新宿発着 (入場券別) 6,000円

Official Website