女子の味方! 美容にもいい栄養素が凝縮されてるドライフルーツを使ったアレンジレシピ♡

ドライフルーツは、水分がぬけ、旨みも栄養素も凝縮しています。皮ごとドライされているものも多く、生で食べると捨ててしまう栄養素もとることができます。食物繊維やミネラル、ポリフェノールが気軽にとれるのは、女子にとってはうれし…

gourmet

ドライフルーツは、水分がぬけ、旨みも栄養素も凝縮しています。皮ごとドライされているものも多く、生で食べると捨ててしまう栄養素もとることができます。食物繊維やミネラル、ポリフェノールが気軽にとれるのは、女子にとってはうれしいもの。もちろんそのまま食べてもおいしいドライフルーツですが、それだけでは飽きちゃうという方にも、食感がちょっと苦手という方にもおすすめしたい、簡単アレンジレシピをご紹介します。

 

ドライフルーツペースト

DSC_3197 (2)

ジャムを1瓶買っちゃうと、使い切るまで同じ味で、他の味もいろいろ楽しみたいと思っている方におすすめしたいレシピです。ドライフルーツで1回使い切りのペーストが作れます。使うドライフルーツを変えるだけで、いろいろな味が楽しめます。

レシピ

〈材料〉
・ドライフルーツ(ミックスなどお好みで)
・ヨーグルト(ドライフルーツ10gにつき大さじ1杯)
・くるみ

〈作り方〉
[1]ドライフルーツとプレーンヨーグルトを混ぜ合わせ、一晩冷蔵庫に置く。(ドライフルーツ30gならヨーグルト大さじ3杯)
[2]くるみは、トースターで香りが出るまで(2~3分)ローストしたら、細かく砕く。
[3]パンに[1]をぬり、[2]を乗せる。

ねっとりとしたクリームチーズのような食感にかりかりっとしたくるみがアクセント。ヨーグルトの量を増やせば、ペーストとしてでなく、フルーツヨーグルトとしておいしく召し上がれます。

 
 

トロピカルドリンク(2人分)

DSC_3111b

手軽に楽しめるトロピカルドリンクです。マンゴーもパイナップルも、ドライフルーツを使えば皮を剥く必要がなく簡単につくれます。

レシピ

〈材料〉
・ココナッツミルク 200cc
・ドライフルーツ(パイナップルまたはマンゴー) 20~30g
・アイスクリーム(バニラ) 50g程度

〈作り方〉
[1]ココナッツミルクに、ドライフルーツを入れ一晩冷蔵庫に置く。
[2][1]とアイスクリームをミキサーにかける。

甘さは、アイスクリームの量を変えたり牛乳を加えたりして調整できます。

 
 

簡単サングリア(2杯分)

1杯からでも作れるお手軽サングリアです。ドライフルーツを常備しておけば、生のフルーツを用意していなくても気軽に楽しめます。

レシピ

〈材料〉
・赤ワイン 300cc
・ドライフルーツ(クランベリー、プルーンなどお好みで) 30g

〈作り方〉
赤ワインにドライフルーツを入れ、一晩漬ける。赤ワインにフルーツの香りが移ったら、サングリアのできあがり。

具として使ったドライフルーツも、無駄なく食べましょう。赤ワインを含んだプルーンはそのままでも大人のデザート。ヨーグルトのトッピングにしても、カマンベールやブルーチーズと一緒に食べてもよく合います。
そして、試していただきたいのが、お肉。ハンバーガーとパイナップル、鴨肉とオレンジ、ミートボールとジャムのように、お肉とフルーツの組み合わせは意外と多いですよね。

DSC_3197d

このワイン漬けフルーツも、ローズマリー、塩、にんにくをもみこんで焼いただけのポークにのせて食べると、合うんです。お試しあれ。

 
 

グリルポークのワイン漬けフルーツのせ(3人分)

DSC_3513

レシピ

〈材料〉
・ワイン漬けフルーツ( 簡単サングリアで具として使ったドライフルーツ
・豚肉 500g
・塩 小さじ1と1/2
・にんにく 1片
・ローズマリー 大さじ1
・じゃがいも 大1個
・にんじん 中1本
・玉ねぎ 大1個
・オリーブオイル 大さじ2

〈作り方〉
[1]塩小さじ1、にんにく、ローズマリーを豚肉にすりこむ。
[2]フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ強火で豚肉を全面こんがりするまで焼く。
[3]じゃがいも、にんじん、玉ねぎは一口大に切り、オリーブオイル大さじ1と塩小さじ1/2をからめる。
[4]耐熱のバットに豚肉と野菜をのせ、200度に温めておいたオーブンで60分焼く。
[5]肉汁が落ち着くまで、アルミホイルをかけて休ませる。

ポークにワイン漬けフルーツをのせて食べると、合うんです。ぜひ試してみてください。

 
 

保存中もおしゃれ☆ 見える収納がおすすめ

DSC_3538

砂糖不使用、国産、無添加と自分のこだわりのドライフルーツを選ぶのも楽しいですよ。ドライフルーツは、保存もきき、季節を問わずに楽しむことができます。使い切る必要がないので、少しずつ使えるのもうれいしいところ。そして、保存中もおしゃれにできます。いろいろなドライフルーツを小瓶に入れて、見える収納はいかがでしょうか。