日本酒はお好き?~熊本の日本酒は女性にもおすすめなんです

色とりどりのおちょこに、透明感あふれるボトルデザイン。肩肘はらずにお洒落に楽しめるお店も増え、女性の間でも空前の日本酒ブームが訪れようとしています。今回は、神保町で行われた第1回”えーくらいもん会”の様子をお届けします。日本酒好きがマイおちょこを片手に集まりました。

gourmet

空前の日本酒女子ブーム到来!?

IMG_3577 (1280x853)

すっきりした辛口やさっぱりした甘口など、種類も豊富で、和食だけでなく実はデザートやイタリアンなど幅広いシチュエーションにあわせて楽しむことができるんです。肩肘はらずにお洒落に楽しめるお店も増え、女性の間でも空前の日本酒ブームが訪れようとしています。今回お届けするのは、神保町で行われた第1回”えーくらいもん会”。日本酒好きがマイおちょこを片手に集まりました。”えーくらいもん”とは、熊本弁で”酔っぱらい””へべれけ”の意味。2016年4月に起こった熊本地震の復興を願い、熊本のお酒を呑んで熊本を応援すること、お酒を通じて熊本とつながろう、という想いから立ち上がったイベントです。

 

日本酒だって美味しいんです、熊本

IMG_3629 - コピー (1280x853)

熊本県といえば焼酎のイメージが強くありますが、熊本県のお酒づくりは明治より続いており、日本酒を作るうえで欠かせない吟醸酵母菌発症の地でもあります。九州醤油をはじめとする甘口の味付けの食べ物も多く、食べ物に合うようにスッキリした日本酒や、甘口の日本酒もあるのが特徴。食事やデザートと組み合わせて楽しむことで、より深い味わいとなります。今回は、女性にも是非おすすめしたい、珍しい日本酒をご紹介します。

 

<編集部おすすめ①> 柔らかな味わいとスッキリした飲み口「れいざん」 

IMG_3594 (1280x853)

冷やして飲むのがおすすめ。食事と一緒に楽しむことで、さらに美味しくなるお酒を目指しているそう。落ち着いた風味なので、お魚はもちろんのこと、お肉料理とも相性抜群。れいざんの原酒をトニックウォーターで割る(日本酒6:トニックウォータ4)という裏メニュー的飲み方も、こっそり教えて頂きました。

<DATA>
れいざん オンラインショップ

■電話サポート: 0967-62-0001

 

<編集部おすすめ②> フルーツとのペアリングも!甘口の新星「花雪」

IMG_3591 (853x1280) (851x908)

日本酒度、マイナス20.0!(2016年) 甘口の中でも群を抜く数値を誇る「花雪」 一度飲めば、その甘くとろける味わいに虜になってしまいます。意外に思われるかもしれませんが、イタリアンや和食(特に味噌との組み合わせが絶品)など食事シーンの中で楽しめるように作られた日本酒なんです。おちょこだけでなく、ワイングラスのような飲み口が広いタイプで楽しむのもおすすめ。実はフルーツとのペアリングが楽しめるお酒でもあるんです。おすすめは香りが強いフルーツと合わせること。メロンを半分にきって、その中に日本酒を入れて飲むなんて最高に贅沢ですよね。純米吟醸なので冷やしてのむのが前提。これからの夏の季節にもぴったりです。

<DATA>
河津酒造株式会社 WEB直売ページ

■電話番号:0967-46-2311

 

<編集部おすすめ③> 丸みのある辛口「蝉」

IMG_3637 (1280x853)

長い幼虫時代を土の中で過ごす「蝉」と、1年間酒蔵で寝かされた古酒とのイメージを重ねてつけたネーミング。ラベルもとってもお洒落なんです。辛口ではありますが、とても柔らかく丸みのある風味が特徴です。夏の季節にもぴったりの日本酒、是非おためしください。

<DATA>
通潤酒造 オンラインページ

■電話番号:0120-72-1178

 

ミス日本酒 森田さんおすすめの楽しみ方

IMG_3683 (1280x853)

”えーくらいもん会”の主催者である森田真衣さん。2013年に行われたミス日本酒大会で初代のグランプリを獲得し、それから約2年半にわたりミス日本酒として活動されています。日本酒で熊本と東京をつなげたいという思いで、今回のイベントを立ち上げられたそう。

熊本のお酒は、全体的にコクのある甘味が特徴。かといって重たすぎず、すっきりしているので、お料理とあわせて楽しむのがおすすめなんだとか。角煮など少し甘味が強い食べ物とあわせると、甘みとしょっぱさと油が三位一体となりふくよかな味わいに。これからの季節、女性に是非提案したいのが、アイスをつまみに日本酒を楽しむスタイル。すっきりとした甘さを楽しむことができます。

 

この夏は是非、熊本の日本酒を

甘味のある日本酒が多く、食事にもあわせやすい熊本の日本酒。是非今年の夏は、冷やした日本酒をお楽しみください。フルーツやアイスとのペアリングも是非。お気に入りのマイおちょこを片手に、縁側で日本酒なんて楽しみ方も粋ですね。

写真/一居武
文/佐武麻美