myBest手帳を求めて~GINZA SIXで見つけたパリ生まれの逸品~

フランスのペーパーデザイナー・エメリック・ティビエルジュによるメゾン、「ティビエルジュ パリ」。独自のライフスタイルを提供するGINZA SIX内の蔦屋書店に登場しました。最高級品質でありながら使い心地や実用性を決して忘れない贅沢な手帳は、Best手帳になりそうな予感。 (イベントは終了しましたが、伊勢丹新宿にてお買い求めいただけます)

lifestyle

蔦屋書店で「アートのある生活を」


先月オープンしたGINZA SIXの6Fに構える蔦屋書店。独自のラグジュアリーを提供するGINZA SIXのコンセプトに合わせて「ライフスタイルを提案する書店」として展開しています。コンセプトである「アートのある生活」を体現するために、5つのコンテンツで店内が構成されていますが、「THIBIERGE PARIS(ティビエルジュ パリ)」を見ることができるのは、店内の「クリエーターのための書斎」がテーマのステーショナリーコーナー。ステーショナリーコーナーの中はさらに6つのコンセプトに分かれ、「ティビエルジュ パリ」の手帳シリーズ「Le Carnet(ル カルネ)」があるのは、デザインをコンセプトにまとめられたコーナーと、ワークスタイルのコーナーの2箇所です。
(コーナーはすでに終了しています。)

最高級のこだわりと最先端のデザインを両立


THIBIERGE PARIS(ティビエルジュ パリ)は今回の出店のために万年筆に合う紙にフォーカスしました。その中でも「ル カルネ」はフランスのペーパーデザイナー・Emeric Thibierge(エメリック・ティビエルジュ)が創り出したプロダクトの中でも最も洗練されたもののひとつ。その紙は毎年夏にノルマンディーで収穫される亜麻から作られていて、麻の繊維が紙を丈夫にすると共に、独特の柔らかな風合いを与えます。ペンの運びを滑らかに、他では味わえない最高の書き心地が魅力です。手帳のカバーは、実用性に富み、スタイリッシュでエレガントな佇まいに。
デザインとアートが高いレベルで融合した手帳だといえるでしょう。

手帳こそ、ワンランク上のクオリティを


働く女性のマストアイテムともいえる、手帳。普段使うものだかららこそ、こだわりの逸品を大切に使いたいものです。THIBIERGE PARISが生み出す最高級の手帳は、ラグジュアリーなだけではなく実用品として長く手元においておける一品です。

THIBIERGE PARIS
■場所
東京都新宿区新宿3丁目14-1
伊勢丹新宿5階 ステーショナリー
■営業時間
10:30 ~ 20:00

Official Website