注目のニュージーランドワイン「クラウディ・ベイ」を味わえるテラス席がヒルトンお台場に登場

ここ数年注目を集めるニュージーランドワインをリードし続ける「クラウディー・ベイ」の夏季限定テラスがヒルトン東京お台場に登場しました。島国の大自然で育ったワインを体験するにはこの上ないロケーションで、ニュージーランドワインデビューはいかが?

gourmet

今、大注目のニュージーランドワインって?


伝統的に西ヨーロッパが中心だったワインの生産地。しかしながら、近年アメリカ大陸・アフリカ大陸・太平洋の島国などから土地ごとに個性的なワインが続々登場するようになり、ワインの勢力図を大きく変革させました。そうしたワインをニューワールドと呼ぶことが多く、土地ごとの作り手の挑戦を感じる味が特徴です。そんな中でもニュージーランドワインはニューワールドワインの筆頭! 野心的なワインであるのみならず品を備えたワインが多いことで、多くのワインファンが今最も注目する産地です。


中でもワイナリー「クラウディー・ベイ」は、早くからその存在感を示し、とりわけ傑作といわれる「ソーヴィニヨン・ブラン」を広く知らしめました。ワイナリーが現在、フランスの最大手「モエ・ヘネシー・ディアジオ」グループの一員。産地であるマールボロの海洋性気候と日照条件はワインを引き締まった味にしつつフルーティーさを引き出せる最高の条件で、そのエレガントな味わいはまさにグループにピッタリです。
この夏、そのワインがもたらしてくれるライフスタイルを体験できるシーサイドテラスがお台場に登場しました。

シーサイドテラスでニュージーランドの自然を感じる


「クラウディー・ベイ」はそのコンセプト「Come Sail Away(カム セイル アウェイ)」の下、「自然」・「食」・「人の文化」のつながりを生き生きと表現してきました。マールボロでのワイン造りの中で生まれた、美食経験の共有がそのルーツ。2017年は都会的なライフスタイルの中でもこの体験できるように「Simple Luxury(シンプル ラグジュアリー)」を提案。都会の絶景のオーシャンビューテラスを持つ「ヒルトン東京お台場」はまさに絶好のロケーションといえるでしょう。

ワインに最適な牡蠣も味わえるのが魅力

今回はワインの相手にスペシャルオイスターメニューがセレクトされました。牡蠣の産地としても有名なニュージーランド。「クラウディー・ベイ」を味わうためのこの上ない組み合わせといえるでしょう。


●創作一品牡蠣
いくら丼をイメージした一品牡蠣 「国産生牡蠣 いくら丼スタイル」、小さなタバスコボトルが可愛らしい 「国産生牡蠣 スチーム トマトカプレーゼ」、シェフが嗜好を凝らした「創作焼き牡蠣」など一品牡蠣料理が全部で18種類!


●カクテルオイスター
ョットグラスに入った斬新なカクテルオイスター。「クラウディー・ベイ」のスパークリングワインを凍らせたシャーベットとラズベリーでさっぱりといただく 「オイスタースパークリング ラズベリー添え」など、人気のカクテル8種類が揃います。


●国産生牡蠣
シェフがその日一番美味しいものを選んでご提供。赤ワインヴィネガーなど、お好きな付け合せで召し上がれ。


ワイン好きなら一度は飲んでみたいニュージーランドワインの「クラウディー・ベイ」。絶景のオーシャンビューでニュージーランドの大自然に想いを馳せながら飲めば、最高の出会いになるはず。これからのシーズンにピッタリなテラスで贅沢なひとときを。

夏季限定テラス オイスター×クラウディー ベイ ~牡蠣小屋スタイル~
■場所
東京都港区台場1-9-1
ヒルトン東京お台場内「シースケープ テラス・ダイニング」
■イベント期間
2017年5月3日(水) ~ 10月22日(日)

Official Website