最近お疲れ気味な女子に食べてほしい!豆腐と豚肉のニラ玉炒め

なんだか最近お疲れ気味……。寝ても疲れがスッキリ取れない。最近そんなふうに感じたことありませんか? もしかしたらそれはビタミンB1不足かも。今回は豆腐レシピシリーズ第三弾。疲れたなあという時に食べたいスタミナ豆腐料理をご紹介します!

gourmet

度重なる疲労感は、ビタミンB1不足が原因かも

日々身体が活動している裏で、司令を出しているのが脳。脳はブドウ糖をエネルギー源としていますが、このブドウ糖を使うために必要な栄養素がビタミンB1です。ビタミンB1は精製されていない穀物に豊富に含まれているので、玄米を食べていた昔は不足しにくかったのですが、白米を食べることが多い現代では日本人にもっとも不足しやすいビタミンとも言われています。あなたも普段白いごはんやコンビニ食品を多く食べていたらビタミンB1不足に陥っているかも。そんな時におすすめのレシピをご紹介します。

豆腐と豚肉のニラ玉炒め

ビタミンB1は足りなくなると脳が活動するエネルギーが作れなくなるため、疲労感を感じてしまいます。ということで、そんなビタミンB1をたっぷりとれる豆腐料理をご紹介しましょう。

【材料】(2人分)
・木綿豆腐(絹ごしでも) 一丁(約300g)
・豚こま切れ肉 100g
・ニラ 1/2把
・たまねぎ 1/2個
・卵  2個
・米粉(片栗粉でも) 適量
・塩、胡椒 少々
・ごま油 大さじ1

【作り方】


[1] 豚肉に塩、胡椒をふって下味をつけ、米粉をまぶしてなじませる。


[2] 玉ねぎはくし切りに、


ニラはざく切りにする。


[3] フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒める。


[4] 続いてたまねぎ、にらを加え、しんなりしたら豆腐を手で適当な大きさにちぎって入れる。豆腐を崩さないように炒める。

[5] 最後に溶いた卵を回し入れて火を止め、予熱で火が通ったら出来上がり。

豚肉はビタミンB1の量が飛び抜けて多い食材です。豆腐にも含まれています。若干絹ごしのほうが多くなりますが、それほど変わらないので食感が好きなほうをお選びください。

このレシピにはもう一つ大事なしかけが。それがニラと玉ねぎを加えていることです。ニラや玉ねぎにはアリシンという成分が含まれており、これがビタミンB1の効果をアップさせてくれます。
この料理に玄米のごはんがお茶碗に一杯あれば、女性が一日に必要なビタミンB1をほぼカバーできます。ガッツリ食べたい男性も好きなメニューなので、パートナーが疲れている時に作ってあげてもいいかもしれません。