作り置きおかずにも~鶏胸肉のスイート照り焼き丼~【仕事帰りの家ごはん】

作り置きにも便利な、鶏胸肉の照り焼きのご紹介です。今回は多目に作って残った分は冷凍保存。鶏叉焼のような照り焼きはスイートチリソースでピリッと一味。作業時間は15分。

gourmet

鶏が焼けたら少しの時間、鍋中で放置するのがポイント。短時間でも味がしっかりついてご飯にもビールにも合うおかずに。

   

レシピ(調理時間:約15分)

〈材料/4人分〉

・鶏胸肉       大2枚
・塩胡椒       適宜
・サラダ油      小さじ1
・水         50ml
・日本酒       50ml
・合わせ調味料
・醤油        大さじ2
・スイートチリソース 大さじ2
・みりん       大さじ2
・水         大さじ2
・砂糖        大さじ1

・アボカド      適宜
・マヨネーズ     適宜
・ごはん       適宜

〈作り方〉

[1]鶏胸肉は軽く塩胡椒し、サラダ油を入れ強火にのフライパンで両面こんがり焼く。弱火にして水と日本酒を加え蓋をして5分蒸し焼き。
[2]合わせ調味料をすべて混ぜ合わせ、[1]のフライパンに加えて煮詰めながら煮絡める。程よく汁が残る程度に煮詰まったら火を止め、そのまま10分ほど放置しておく。
[3]どんぶりにご飯を盛り、スライスした胸肉とアボカドを乗せマヨネーズをかける。お好みでレモンやライムを添える。

ちょっと多目に作ってストックするだけ。作り置きの考え方。

流行の作り置き、常備菜。たくさんの画像で素晴らしい常備菜を見ることができますね。あんな風にたくさんの常備菜があれば、疲れて帰った日の夕飯も簡単にできますが、一度に大量のお惣菜を作ることの負担も少なくないのが正直なところ。ひとり暮らしや、少人数のご家族ならば、今回のように当日食べる分と一緒に少し多目に作ってストック、というのが現実的なのではないかと思います。1食分も4食分も作る手間的にはそう変わりません。
その日の分の倍もしくは3倍、4倍と作って、ジップ付き袋に入れて密封冷凍または、日持ちの良さそうなおかずならタッパーで冷蔵庫に。冷蔵庫にこんな蓄えがあると、身も心もほんのちょっと豊かになれます。

今回の鶏肉は、どんぶりにしても美味しいですが、生野菜をたっぷり添えてサラダ風にしたり、そのままおつまみにしたり。素材を加工しただけのおかずストックすることは汎用性も高く便利です。

肩ひじ張らず“気軽にストック”で、常備菜。