【あや猫のコスメLIFE】陶器肌orツヤ肌、どっちでいく?夏のおすすめ肌の作り方

ツヤツヤっとした素肌感のある「ツヤ肌」が最近の流行りですが、お人形さんみたいな毛穴レスのふんわりマットな「陶器肌」もとても魅力的。これからの季節、あなたはどっちでいく? 今回はどちらのパターンのプロセスと同時に使用アイテムをご紹介したいと思います。

making-up

陶器肌作り方ver

・ふんわりマット
・カバー力がある
・パウダータイプのファンデーションを使う
・毛穴をしっかり隠す

陶器肌にはパウダータイプのファンデーションを

●ヴィセ リシェ
ヌーディフィット ファンデーション


最近発売されたパウダーファンデーション。プチプラなのに、仕上がりはお値段以上!汗をたくさんかいた日も崩れなく、ふんわり肌をキープできる優秀アイテムです。

毛穴の凹凸をつるんとフラットにする下地

●(右)イヴ・サンローラン
ラディアント タッチ ブラー プライマー


パウダーファンデと合わせて使いたいのがこの下地。毛穴の凹凸をつるんとフラットにしてくれて後につけるファンデのノリがぐーんとアップします。

頬の赤みはグリーンのコントロールカラーでカバー

●SUGAO
シルク感カラーベース グリーン


赤ら顔やにきび跡、小鼻の周りの赤みが気になる方にはグリーンのコントロールカラーをファンデーションの前に仕込んでおくのがおすすめ。レッドと反対色のグリーンを使う事によって、赤みが打ち消され目立たなくなります。カバー力もほどほどあり、透明感も出ます。皮脂吸着パウダーも入っているのでヨレにくくなる効果も。

透明感の出るフェイスパウダーで整える

●GIVENCHY(ジバンシイ)
プリズム・リーブル 1 パステルシフォン

ブルー、ホワイト、パープル、グリーンの4色のルースパウダーになっています。
寒色系の組み合わせになっているフェイスパウダーはお肌に透明感を出してくれます。特に色白さんにおすすめ。 粉が柔らかくふんわり絹肌に仕上げてくれます。陶器肌作りには欠かせないアイテム。

ツヤ肌作り方ver

・ファンデーションはなるべく薄づき
・ハイライトでツヤ感をプラス
・血色感を出す

ツヤ肌にはリキッドタイプのファンデーションを

●RMK
ジェルクリーミィファンデーション 201


私はツヤ肌が好きなのでヘビロテ中のファンデーションはこちら。程よいカバー力があり、専用のブラシで伸ばしていくと薄づきに仕上げられます。指で伸ばすよりも均一にお肌に広がりファンデの量も少量で済むのでコスパも良しです◎

肌補正をしてくれてるカラープライマー

●(左)THREE(スリー)
アンジェリックコンプレクションプライマー 02 Just Peachy


この下地はお肌全体のくすみや、全体の色ムラを補正してくれて透明感を出してくれるもの。私は色が白いのですが青白くなってしまう事が多く、こちらで血色の悪さを解消してます。いきいきとしたお肌に整えてくれて、夕方になってもくすみにくい◎。毛穴も小じわもふわっとカバーしてくれて作り込んだ肌にせず、素肌感を作り出してくれる下地です。

なりたいイメージに合わせて使うツヤ系ハイライト

●(右)GUERLAIN(ゲラン)
メテオリット ベビーグロウ タッチ Rosy Glow
●(左)クレド・ポー・ボーテ
レオスール デクラ 11番


右はスティックタイプのハイライト。肌補正効果とハイライト効果があり、ピンク色がいきいきとした血色感を出しつつホワイトとモーヴ(パープル)でツヤ感と明るさをプラスします。指先にとってそれぞれハイライト、チークとして使ってみてたり頬の高いところ、唇の山の部分、鼻筋など部分的にハイライトを入れたりしています。
左を使う時は透明感重視と華やかにしたいときに。頬にチークを囲むようにふわっと。その他の箇所にはつけず頬にだけ仕込みます。濡れたようなツヤ感本当に美しいです。こんなキレイなハイライトはなかなか出会えない……!

肌色は変えない素肌感を重視するノーカラーのフェイスパウダー

●RMK
トランスルーセント フェイスパウダー N00

下地や、ハイライトで明るさは出すのでお顔が浮かないようにナチュラルに仕上げられるこちらのフェイスパウダーを。ノーカラーなのでファンデの色が変わったり白浮きもしません。皮脂吸着をしっかりしてくれるのでヨレない!そして粉っぽさもないです。

陶器肌にするのもツヤ肌にするのも気分に合わせて変えてみたり、なりたいイメージに合わせてメイクをすると良いですよ。