安くて美味しい!魅惑のベトナムグルメ紀行~Part1 ごはん・パン編~

2017年5月末、ベトナムのホーチミン・ダナン・ホイアンの3都市を訪れました。今回の旅の目的は、なんといっても 「食」 でした。 今回は、現地で食した安くて美味しいベトナム料理をご紹介したいと思います。まずは、ごはん・パン編です。(記事中では、10,000VND(ベトナムドン) = 約50円 として計算しています。)

trip

コムガー(鶏飯)/Cơm gà

cơm(コム)は「ごはん」、gà(ガー)は「鶏」を意味します。なので「コムガー」は一言で言うと、鶏の炊き込みご飯。シンガポールの「海南鶏飯」やタイの「カオマンガイ」の仲間ですね。他国のチキンライスは白米ですが、ベトナムのコムガーはターメリックを用いてお米を黄色く色付けしているのが特徴です。
ダナンの人気のコムガー専門店「Cơm Gà A Hải」でいただいたこちらのメニューは「Cơm Gà Xé」といい、裂いたゆで鶏肉がのったタイプ。他に素揚げもも肉がのった「Cơm Gà Quay」、蒸し鶏がのった「Cơm Gà Luộc」があり、3種類のコムガーから選ぶことができます。


「Cơm Gà Xé」の価格は40,000VND(約200円)。ランチでいただいたのですが、すごいボリュームで、夕食を食べられないほどでした…!

チャオガー(鶏粥)/Cháo Gà

cháo(チャオ)は「お粥」を意味します。gà(ガー)はもちろん、「鶏」。「チャオガー」は鶏のお粥のことです。


お粥の隣にあるのは、クアイ(Quay)という揚げパン。ちぎってお粥に入れて食べます。オーダーしなかったのですが、お粥と一緒に出され、食べた本数の分だけ請求されるシステムだったということに、後からレシートを見て気づきました。価格は、チャオガーが66,000VND(約330円)、クアイは1本あたり3,000VND(約15円)。一緒に写っているビールは、シンガポール原産のタイガービール。22,000VND(約110円)でした。


お粥は、食べ疲れたときにちょうどいいですね!胃に優しいお味でした。各テーブルには、いろいろな調味料が置いてあり、自分で味の調節ができます。

バインミー/Bánh Mì

ベトナムのファストフードの鉄板が「バインミー」。柔らかいバゲットに切り込みを入れ、バターやパテを塗り、野菜、ハーブ、肉などお好みの具をはさみ、ベトナムの調味料ヌクチャムをかけて作る、いわばベトナム風サンドイッチです。


お店で食べると、25,000VND~35,000VND(約125円~175円)くらい、屋台だともう少し安いところが多いようです。都内にもバインミーのお店がいくつかありますが、500円〜800円くらいが多い印象。比較するとだいぶお安いですね。

ベトナムは、コーヒーが有名なこともあり、おしゃれなカフェがたくさんあります。カフェにもバインミーを置いているところが多く、この写真のバインミーはホイアンのカフェでいただきました。


バインミーの中身もいろいろな種類を選べたのですが、「Traditional Hoi An Style」をチョイス。店員さんに「お好みでかけてね」と渡された調味料(ヌクチャム、ペッパーなど)をかけていただきます。


コーヒーとセットで70,000VND(約350円)…安い!!