その手元に要注意!ふとした瞬間のゴワゴワ手元、見られてます

ふとした瞬間に見られているのが手元。ささくれ、ゴワゴワ大丈夫? 実は冬だけではなく、夏も乾燥が起きているんです。その原因とお手入れの方法をお伝えします。

beauty

残った水分が乾燥の原因に……

shutterstock_41911606

手を洗うことが多くなるこの季節。洗い終わった濡れた手をタオルやペーパーなどで良く拭いていますか? 「パパッと指先だけ拭いておしまい」実はこれが乾燥の原因のひとつなのです。指先に水分を残したままでいると残った水分が蒸発します。この時に爪や指先の水分も一緒に蒸発させてしまうのです。

ジェルネイルの持ちも左右されるんです

P6257446-500x375

気がつくと二枚爪になっていたりささくれが出来てしまったり。二枚爪になるとジェルネイルの持ちも悪くなってしまうという悪循環にもつながります。せっかくのジェルネイルをきれいに長持ちさせるためにもしっかり水気を拭き取って乾燥させないようにすることが大切です。

お気に入りのアイテムを持ち歩いて

P7017492-500x375

暑くなると、ハンドクリームやキューティクルオイルを塗る回数が冬に比べて激減している人も多いのではないでしょうか。店頭にも春ごろから保湿用の商品が少なくなってしまうので、手に入りにくいかもしれません。実はこれが2つ目の乾燥の原因。夏も、水分の蒸発やエアコンによる乾燥の影響で冬に負けないくらい手肌は乾燥しています。美しい指先を保つためには、お手入れは冬も夏も同じくらい大切。

ただでさえ汗ばんでいるところにクリームやオイルはベタベタしてとても塗る気がおきません。そんな時は季節に合わせてお手入れアイテムを選んでみることがおすすめです。ジェルタイプやローションタイプの商品なら、べとつきが抑えられてベタベタ感も少なくなりますよ。クリームでもさらっとした仕上がりのものならオフィスでも安心です。

量と塗るタイミングのポイント

shutterstock_402259213

サロンにいらっしゃるお客さまに「どれくらいお手入れしていますか?」とおたずねすると「寝る前にたっぷり」とか「通勤の時に電車を待っているホームで」とか。どちらも忙しく働く女子には大切な時間。しかしこれだけではちょっと少ないのです。基本は手を洗ったら保湿! これが理想です。

でもクリームやオイルをたくさんつけるとお仕事スペースやキーボードがベタベタ。こんな事になってしまっては仕事も気分も台無しです。ますます夏の保湿から離れてしまいますよね。

おすすめのオイルやクリームの量はほんの少し! そのかわり回数を増やしてあげましょう。キューティクルオイルなら爪の根元に米粒半分くらいを爪の周りにやさしく擦り込んであげます。このくらいの量ならばスッと馴染んでくれますよ。クリームも小豆大くらいをゆっくりとなじませてあげます。ゆっくりがポイントです。

手元美人は一日にしてならず

細目にハンドクリームを塗ることも、習慣になれば面倒なことはありません。毎日の積み重ねが、美しい手元を作ってくれます。カフェや、仕事中など意外と見られる機会の多い手元。自身をもってふるまえる手元に仕上げましょう。

syl.van/ネイリスト)