残業のおともはこれで決まり♡美容効果抜群の赤い野菜はな~んだ!?

もうひと頑張りしたい残業中。あま~いお菓子や、コンビニの誘惑に本日も負けてしまいそう……。今回は、スキンケアカウンセラーでネイリストの筆者が「夏のオヤツはこの一択でしょ!!」と激押ししたい「〇〇〇」についてお伝えします。

beauty

赤い野菜の正体とは!?

その答えは、「すいか」

shutterstock_416981200

夏の果物であるすいかは、美肌効果が高くダイエットや浮腫みの改善に最適な果物。美容効果のある赤い野菜=トマトだと思った方もいらっしゃるのでは? トマトの美容効果として有名な「リコピン」も100g中で見ると、実はトマトよりすいかの方がより多く含まれていることが確認されており、抗酸化作用もたっぷりなんです。

 

その紫外線ダメージ! すいかで回復させましょう

1435446122079

夏の旬であるすいか。季節の旬のものというのは、その季節にぴったりの美容効果がある食べ物が多いんです。すいかもそのひとつ。すいかには「システイン」という成分が含まれていて、紫外線を浴びた肌のダメージを回復してくれると言われています。90%が水分ですので、夏の浮腫み解消のお手伝いにもぴったりのすいか。残りの10%は美容成分という素晴らしさ。B-カロチンやリコピン、ビタミンEなど肌の老化を防いでくれたり、メラニンを排出してくれる栄養素がたっぷりなのです。

この季節は、カフェでも「100%すいかジュース」が登場します。美肌のためにも飲まないのはもったいないですよ~♡

share

 

スーパーフードを捨てちゃもったいない

shutterstock_313927397

すいかは実の部分だけに美容成分があるわけではありません。絶対に捨てたくないスーパーフードが「種」。すいかの種を縁側で飛ばしている場合ではないのです。すいかの種は、煎って皮を剥くことで「スーパーフードおやつ」として海外では古くから愛されている食べ物。ビタミンEやリノール酸などが含まれていて、血液中のコレステロールを排出してくれたり、シミやシワを予防してくれたり、捨てるなんてとんでもない! しっかり乾燥させてからフライパンで煎って、黒皮を飛ばして食べましょう。

週末のお酒のおつまみにもぴったりですよ。

 

100gでたったの……

shutterstock_444228166

「美容効果が高いのはいいけどカロリーが高いと太るんじゃないの?」なんて思ったみなさま、ご安心を。すいかは100gでたったの37Kcal!! 500g食べてもごはん一膳分前後という優秀さなのです。食べ過ぎた次の日のカロリー抑制にも、深夜の残業のおやつにも、罪悪感なく食べられる果物。コンビニやスーパーで見かけたら、夏の紫外線対策に食べてみてくださいね。

 

ひとつだけ、ご注意を

「すいかってすごい!夏の間にいっぱい食べよう!」そう思った方に、ひとつだけ注意してもらいたいことがあります。身体の熱を下げるすいかは、体内を中から冷やしてくれる食べもの。すいかを食べ過ぎて冷えた身体に、唐揚げやコロッケなどの脂ものを食べると消化不良を起こしてしまう場合もあるそうです。夏は揚げ物とビールがおいしい季節でもありますが、揚げ物や油分が多い食べ物を食べた日は、時間をおいてからすいかを食べた方が胃腸には優しいですよ。お腹が冷えている日なども控えるようにしましょうね。

 

カットすいかが便利です

オフィスのおともには、食べやすい大きさに切られている「カットすいか」が便利。コンビニやスーパーでも手に入りやすく、つまみやすいのでデスクでも人目を気にせず食べることができます。今年の夏は、すいかと一緒に残業を乗り切りませんか?