ふらっと週末旅。北陸新幹線で金沢にプチトリップ♪

北陸新幹線が開通しグッと距離が縮まったため、北陸方面への旅行客が急増中! 今回はそんな北陸の中でも、特に人気の金沢について紹介します。

trip

ひがし茶屋街/散歩を楽しむ


美しい出格子がある街並みが残る「ひがし茶屋街」は、今もなお昔の景色を残すスポット。平成13年には、国の重要伝統建造物群保存地区に選ばれました。風情ある街並みをのんびりと歩けば、江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を楽しめます! また、お茶屋や和菓子屋がたくさんあるため、疲れた際にはふらりとお茶屋に立ち寄って、和菓子を楽しむのがおすすめです。

兼六園/日本庭園を楽しむ


加賀歴代藩主によってつくられてきた「兼六園」は、日本三名園の一つに数えられるスポットです。池、築山、御亭が配置された廻遊式の庭園で、季節ごとに様々な美しさを堪能することができます。冬の季節に見られる雪吊は、冬の風物詩として有名です。
桜や梅、紅葉の名所としても知られていて、毎年春には桜を見るために多くの観光客が訪れます。

近江町市場/グルメを楽しむ

金沢の台所として知られる「近江町市場」は、1721年に始まった市場です。地元の人はもちろん、観光客に大人気のスポットで、金沢のグルメを存分に堪能することができます。加賀野菜や海産物がたくさん並んでいるので、色々な食材をチェックしてみましょう♪
近江町市場で必ず食べてほしいのが海鮮丼です。「これでもか!」というほど、新鮮な魚介がたっぷりと乗った海鮮丼が、驚くほどリーズナブルに楽しめるようになっています。ランチにぜひ立ち寄ってくださいね。

21世紀美術館/芸術


2004年に開館した「21世紀美術館」は、市の中心に位置する都市型の美術館です。「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトにしていて、円形の総ガラス張りの建物になっています。無料ゾーンと有料ゾーンがありますが、無料で入れる範囲が広いため、気軽に様々な芸術を楽しむことができます。
まるで水の中にいるような目線を楽しめるレアンドロ・エルリッヒ作の『スイミング・プール』が人気で、地上と地下から作品を見ることができます。こちらの作品は有料ゾーンにあるので要注意です!


北陸新幹線を使えば、東京駅から約2時間半で金沢に行けます。グルメに散歩、芸術など、幅広い楽しみがたくさんあるので、週末にはぜひ金沢に行ってみてくださいね♪