日本人の心と身体に響く、和のアロマの魅力

アロマテラピーで用いられるエッセンシャルオイル(精油)にはたくさんの種類があります。リラックスしたいときに用いるラベンダー、シャキっとしたいときにピッタリのペパーミントなどが有名ですが、実は日本の植物から作られたエッセンシャルオイルがあることをご存じですか? 

lifestyle

日本人に馴染み深い香りが多く、アロマテラピーがはじめての人にもおすすめです。国産のエッセンシャルオイルを用いたアロマテラピー、和のアロマについてご紹介します。

日本人の生活に根付く和のアロマ

アロマテラピーが一般的になる以前から、日本人は植物の力を生活に取り入れてきました。

ヒノキ風呂、冬至の柚子湯など今でも利用されているものも多くあります。夏みかんなど和の柑橘の香りが好きな方も多いのではないでしょうか? 和のアロマはこのように私たちが生活の中で体験している香りが多いのです。西洋の植物を由来としたエッセンシャルオイルはアロマテラピーで初めて接することが多いのに対して、日本の植物を原料とした香りは体験とともに記憶に残っており、心地よいと感じやすいようです。性別や年代に関係なく好まれる香りも多く、子供からお年寄りまで家族みんなで楽しむことができるのも和のアロマのよいところです。そして何より、ヒノキ風呂に入った時の心地よさや、柑橘の香りで気分が明るくなる感覚がそのまま体感できというのは、日本人にとって一番の魅力ではないでしょうか。

代表的な和のアロマ

森林系の和アロマの代表といえば、なんといってもヒノキ(檜)〔学名:Chamaecyparis obtuse〕 です。神社などの伝統的な建造物やヒノキ風呂などに用いられている木材でもあるため、心身を浄化してくれるように感じる方も多いかもしれません。実際に、ヒノキ精油に含まれる「ヒノキチオール」という成分が抗菌作用などの面で注目を集めています。

柑橘系では柚子が有名ですが、小夏というミカン科の果皮から採られた精油もおすすめです。高知県では土佐小夏、また他の地域では日向夏やニューサマーオレンジとも呼ばれることもあるため、どれかにピンとくる方も多いかもしれません。柑橘系らしい爽やかな香りの中にもどこか甘みがあり、気分をシャキッと明るくも、ホッと暖かくもしてくれます。


和のアロマの効果的な使い方

エッセンシャルオイルは様々な使い方がありますが、和のアロマを生活に取り入れるには、まず芳香浴がおすすめです。

ディフューザーやアロマポットを用いる方法もありますが、より簡単な方法として、ティッシュやコットンにエッセンシャルオイルを1~2滴落とし、枕元やリビングなどリラックスしたい場所に置く、というだけでもOKです。また、塩にヒノキオイルを2~3滴落としたバスソルトを使うと、自宅でもヒノキ風呂の気分を味わうことができ、毎日の入浴がちょっと贅沢なものに変わります。

古くから日本人が親しんできた香りは、私たちの心と身体にやさしく響き、リラックスやリフレッシュを助けてくれます。ちょっと違う香りに挑戦してみたい方、アロマを始めてみたいけど何から買えばよいかわからないという方、どんな方にもおすすめの和のアロマをぜひ生活に取り入れてみてください。