結婚して本当に幸せ? 私が結婚生活で得たもの

女性にとって大きなライフイベントとなる『結婚』。 幼少期には自分のウェディングドレス姿を想像しては早くその時期が来ないかとワクワクし、思春期には友達と将来の旦那さんについての話で盛り上がり、成人してからは友達の結婚式に出…

lifestyle

女性にとって大きなライフイベントとなる『結婚』。
幼少期には自分のウェディングドレス姿を想像しては早くその時期が来ないかとワクワクし、思春期には友達と将来の旦那さんについての話で盛り上がり、成人してからは友達の結婚式に出席する機会が増え、いつ自分の番がやって来るのだろうと心待ちにする。
きっと多くの女性にとって女の子だった時代から大人になるまで『結婚』というキーワードは常に意識があり、とても興味深いものでしょう。
その結婚によって女性にもたらす変化を私事で恐縮ですが、一例として綴ってみることにしました。

 

30歳を目前にして訪れた私の転機

301187213

私が結婚したのは29歳の時。厳密には30歳を迎える数ヶ月前でした。
30歳という年齢を意識したのではなく、たまたま私の結婚のタイミングがそうだったのです。

私は少々変わり者だったようで、20代後半まで結婚に対する願望がありませんでした。
なぜ? と言われると自分でもこうだからというはっきりとした理由はないのですが、当たり前のように結婚して子どもを産んで家族を築くということが幸せというイメージに直結しなかったのです。周囲には20歳そこそこで結婚する子もちらほらいましたが、正直何でそんなに早く結婚するんだろうと不思議でした。

そんなにも結婚に対する興味がなかった私ですが、27歳の時に主人と出会い、彼の方から結婚というキーワードが出てくるので「私、この人と結婚するんだぁ…」と漠然とその時が近いことを意識していました。
そんな中、3つ下の妹が出産し、その小さな赤ちゃんを抱っこした時、「なんて可愛いんだろう。私も赤ちゃんが欲しい!」と自然に思えたのが全ての始まりでした。

29歳になって間もなく夢の中にやたらと赤ちゃんが登場するようになりました。
相手に話すと結婚を迫っているようで引け目を感じたので伝えていませんでしたが、ある日妊娠が発覚し、お互いの両親に報告、顔合わせ、結婚式、出産とあっという間に一連の流れが起きたのです。

そうなってから起きる日々の変化はとても凄まじいものでした。
子どもの存在が何より大きかったという点はありますが、結婚してから私のライフスタイルや考え方は独身時代とは大きく異なるものとなりました。

 
 

妻であること、そして母になってゆくことを実感する日々

326382599

日本の古き良き妻とは、常にご主人様の一歩後ろに構え、言われたことには必ず「はい」とだけ返事をして行動するというものですよね。
正直、私には全く理解できませんでしたし、そんな風に立ち振る舞うのは柄でもないと思っていました。
しかし、仕事を退職すれば当然稼ぎがなく、生活費は主人から毎月貰わなければならないという状況になり、少しずつ考えが変わっていきました。

無職となるとそれまで通りの生活ができることにまず有り難さを感じました。
自分の稼ぎはないのに食べることには困らないし週末には出かけたりと、これって当たり前じゃないよねという思いが湧いてきました。
生活ができるのは主人が一生懸命働いて稼いだお金に助けられてのこと。
当時、妊娠はしていたものの我が子はまだ誕生していなかったので日中は完全フリー状態。
それなのに間違っても偉そうなことは言えないなと思うようになりました。
決して完璧ではありませんでしたが、主人が帰宅する際には玄関で出迎え、時には飼い犬を連れて駅まで行くこともありました。
夕飯はなるべく一緒に食べるし、接待などで帰宅が遅くなる場合は起きて待つというスタイルに変わっていきました。
そんな日々を過ごしているうちに妻として陰ながら夫を支えるということの意味を見出すことができるようになったのです。

思い返せば独身時代、自分のことだけ考え、仕事から帰ってご飯なんて作る気もしないから買うか外食で済ませる、好きなだけお酒を飲んで帰ることもよくあるという生活をしていたので、我ながらよくこんなに変われたなあと思うし、そのまま今を迎えてなくて良かったと冷や汗すら滲みます。

そして何より母親となったことが私自身を大きく変えてくれました。

174254054

妊娠中の身の回りのことを言えば、ヒールを好んで履いていた私の足下は完全フラットシューズになり、当然禁酒生活になり、お腹が大きくなるに連れて着る服買う服はワンパターンと、好きなもの、好きなことは自然と日常から消えていきました。
でも願っての妊娠だったので何も苦痛なことはなく当たり前に浸透していきました。

いざ我が子が生まれてみるとさらに気持ちの変化がありました。
命をかけて生んだ我が子、同じく命をかけてこの子を守っていかなくてはと母性が強く働くようになりました。
極端に言えば、自分の食べ物がなくてもこの子の食べるものだけは絶対に確保しなければと自然と思えるようになりました。
妊娠する前にそういう話はよく聞いたことがあったけれど、本当にそんなこと思えるのと疑問でした。
女性は出産を経験すると女から母になるとよく言いますが、本当にその通りだなと体感しました。

さらに子どもも1人から2人となれば尚更強く逞しくなるのです。
次男が誕生する前、1対2になる育児にとても恐怖と不安を感じていましたが、実際に2人育児がスタートすればできないと嘆く暇もないのでやるしかない! と肝っ玉母ちゃんみたいな人間になりました。
それもそのはず、私の体は一つだし手は2本しかありませんが、両者に抱っこを求められればどちらも抱きかかえるし、長男が泣きわめいている中、次男は眠いと愚図るという状況は日常茶飯事。一番泣きたいのは私だよと思いつつも実際に泣くわけにもいかず一人で対応しなければいけないという生活。
多少の事で一喜一憂していては到底体が持ちません。
良いのか悪いのか分かりませんが、今では根拠のない自信が漲っています。

子どもがいると制約されることが多いから別に欲しくないとかつては思っていた私ですが、今となっては子どもの笑顔を見ると幸せを感じるのですから不思議です。
毎日、自分の時間なんてないし血管が切れそうになるぐらい怒り狂っている時もありますが、意外と時間に追われてあれこれやっている状況が嫌いではありません。
1人にしてよ!と思うことも多々ありますが、もうすぐ3児の母になるのですから、自分の事ながら笑えてしまいます。

 
 

180°変わった生活 日常から得られる幸せは倍以上に

277754153

結婚して1年目、長男が誕生し母となりました。2年目、次男が誕生し2児の母となりました。そして今年は第3子が誕生と、なかなか怒濤の日々です。
結婚というライフイベントは私にとって心身ともに非常に大きな変化をもたらしました。
妻になることで生涯を共にするパートナーとの出会いに奇跡を感じ、貴重な存在なのだと主人との出会いに心から感謝することができます。
そして母になることで無償の愛を捧げる存在の大きさや有り難さを知り、家族がいるってこんなにも幸せなんだと日常から幸せを感じることができます。

独身時代には到底気づくことのできなかった感覚や考え方。
結婚も妊娠・出産も奇跡の連続で我が身に起きたこと。
どれも当たり前のようで当たり前じゃない。
そう気づくことで私は恵まれているのだと体感できます。

結婚して幸せですか?と聞かれれば迷うことなく「はい、幸せです!」と私は答えます。