スキンケアカウンセラーがおすすめする「コンビニごはんでもキレイ」の選び方

社会で働く女性の毎日はとにかく慌ただしい! 食事もままならない、トイレに行くタイミングも逃した―……!なんて日もあるのでは? 本当は、早起きしてヘルシーなお弁当を作って持参したい……なんてイメージしながらコンビニのパンで食事を済ませてしまう日もちょっとの意識がキレイの秘訣!

beauty

コンビニごはんでも「綺麗」を意識した生活ができるはず!  忙しい時にこそ気にして欲しい「美肌も取り入れるコンビニご飯セレクト術」をお伝えします。

野菜ジュースを選ぶなら?

忙しいからこそ肌の疲れを意識したくなったり、健康のためにも多めに野菜を摂りたくなったりしますよね。せめて野菜ジュースでも……なんてコンビニに行ったら思ったより種類が豊富で選ぶのに悩んだことがある方も多いはず。どのジュースを選べばいい?栄養素がとにかく多いものを選べばいいの?なんて、なかなか決められないことってありませんか。野菜ジュースを選ぶ際に気を付けたいのが「糖分」。「砂糖」と書いてある場合はわかりやすいのですが、食品に含まれる「甘味」は様々な種類があります。

天然のものは、砂糖やはちみつと記載してあるのでわかりやすいのですが、人工甘味料の種類は多くソルビア・スクラロース、ソルビトース、マルチトールなど、一見して「甘味料だ」とわからないものも多くあります。

「砂糖は太るから」と気を付けている方も多いと思うのですが「ゼロカロリーならいいのかな?」と思っている方も多いはず。摂取カロリーで考えればゼロカロリ―は嬉しいのですが、糖を必要以上に多く摂ることは肌の老化に繋がる場合があります。その原因が「糖化」と呼ばれる現象です。糖を取り過ぎて血液中の糖が多くなると、コラーゲンやエラスチンなど美しい肌を支えるために必要なものを壊してしまう場合があるのです。糖は、食事やおやつなどでも知らず知らずのうちに摂取していることが多い食べ物。キレイを意識するなら「糖コントロール」は大切なポイントになってきます。野菜ジュースといえども、糖の多いものと少ないものがありますので、美肌を意識するならまずは「糖」の少ない野菜ジュースを選ぶようにしましょう。

「何かドリンクが欲しいな」というときなら?

「コーヒーも飽きたし、なんかないかな?」コンビニで気分転換にドリンクを飲むとしたら、おすすめなのがビタミンCが豊富なものや甘酒です。ビタミンCはストレスで減少することがわかっています。忙しい毎日でイライラしていたり、睡眠不足になっているときはビタミンCを補ってあげることが美肌への第一歩。そして、甘酒は「飲む美容液」として人気ですが、なぜそう呼ばれるのかご存知ですか?

甘酒はアミノ酸やビタミンB類の豊富さも有名ですが、あの甘さが特徴の甘酒なのに、一ヵ月毎日甘酒を飲んでも体重の増加は見られなかったという報告があることと、髪や肌の艶・目覚めの良さなども体感できるという実績が「飲む美容液」として人気の秘密です。「何か飲みたいな」のときは、ぜひ飲んでみてくださいね。

お弁当セレクトで選びたいのは、トマトと人参と魚

余裕があればカラフルな彩りの手作りお弁当を持参したいところですが、働き女子はなかなかそうもいかず……でも「コンビニ弁当って体に良くないかも」と思いながら食事をするのは嫌ですよね。コンビニのお弁当だって「美容にいい」選び方のポイントがあります。「野菜が多ければいいんでしょ?」それも間違いではないのですが、サラダを選ぶならニンジンやトマトが入っているかどうかはチェックしたいポイント。

ニンジンのビタミンAは抗酸化作用があり肌を綺麗に保ってくれるといわれています。トマトのリコピンも美肌野菜として有名ですが、食事前にトマトを数個食べるだけでも急激な血糖値の上昇を防げるのだそう。選ぶなら、なるべくこの2つが入っているサラダを選びたいですね。

そして、お弁当を選ぶならやっぱり魚! 魚に含まれる良質なたんぱく質は肌や身体をつくるのに必要なものです。ついつい、揚げ物など選びたくなりますがお魚に含まれる脂肪酸は肌や健康に必要なものがたくさん! 美容や健康が気になるならお魚は切っても切り離せません。鮭に含まれるアスタキサンチンなども美肌の成分として有名ですが、お弁当でよく見かける鯖にも「セレン」という抗酸化作用があるミネラルや様々なビタミン類が含まれています。

おわりに

コンビニの食事だからって「なんでもいいや」はやっぱりもったいないもの。もちろん「美味しく食べる」ことが第一ですが、女性の場合は「肌にいいもの」を意識して選ぶことで「美味しかった」の満足度が更に満たされていきます。忙しくても、深夜の食事になっても「美容」のことはなんとなく頭の片隅においておきたいですね。

 

(川上あいこ/スキンケアカウンセラー)