2ステップで完成、エッセンシャルオイルで作る簡単美容オイル

フェイスケア、ボディケアでのオイルの効果に注目が集まるようになり、コスメコーナーにもたくさんの美容オイルが並ぶようになりました。この美容オイル、実はとても簡単に作ることができることをご存じですか?美容に効く材料をいくつか知っておけば、自分の肌の調子に合わせてカスタムメイドも可能になる、簡単美容オイルをご紹介します。

beauty

美容オイルの材料はたったの2つ


美容オイルは、ベースとなる植物オイルとアロマセラピーで用いられているエッセンシャルオイル(精油)で作ります。植物オイルだけでも十分ですが、そこにエッセンシャルオイルを加えることで、お肌のさまざまな悩みに役立つ美容オイルになります。市販されているオイルも、植物オイルのみのものとエッセンシャルオイルが入っているものの両方がありますので、気になる商品は成分をチェックしてみてください。

ベースにおすすめの植物オイル


・ホホバオイル(Jojoba oil)
ホホバの種子から抽出されるホホバオイルは、厳密には常温で液体のワックス(ロウ)という分類になります。酸化しにくく温度による粘性の変化も少ないことから、使いやすいオイルで、スタートの1本におすすめです。塗った感触はさらっとしていてベタつきも少ないのが特徴です。肌からの水分蒸発を防ぎ、皮膚の水分補給を助けることで、肌荒れから守ってくれるオイルです。

・マカデミアナッツオイル(Macademia Oil)
マカデミアナッツの果実を圧搾して得られるオイルです。植物オイルの中では珍しく、人の皮脂の成分であるパルミトオレイン酸を多く含んでいることから、肌なじみがよく使いやすいのが特徴です。皮膚への刺激が少なく、酸化しにくいことから、化粧品の原料としても多く使われています。

・アルガンオイル(Argan Oil)
モロッコ原産の植物から抽出されるオイルで、ビタミンE、カロチンなど機能性の栄養素を含んでおり、抗酸化やアンチエイジングが期待されています。化粧品やヘアケア用品にも用いられており、顔、体、髪とマルチに使いやすいオイルのひとつです。紫外線による肌ダメージのケアにもおすすめです。

おすすめのエッセンシャルオイル


エッセンシャルオイルのなかから、美容におすすめのオイルをご紹介します。似た名前のエッセンシャルオイルも多くあることから、ラベルに記載されている学名もチェックして、購入してください。

・ラベンダー(学名:Lavandula angustifolia)
リラックスしたいときに用いるエッセンシャルオイルとして有名なラベンダーですが、皮膚を健やかに保つことから肌荒れなどの肌トラブルにも役立ちます。強い日差しを浴びてしまった時には、しっかり保湿した後にラベンダーのエッセンシャルオイルを使った美容オイルを肌に塗ると、ほてった肌が落ち着きます。

・フランキンセンス(学名:Boswellia carterii)
アンチエイジング化粧品に配合されていることも多く、スキンケアに用いるエッセンシャルオイルの代表的な存在です。肌の保湿や修復を助けることから、乾燥、肌荒れの改善、シワ予防など、幅広い肌の悩みに応えてくれる万能な1本です。

・ネロリ(学名:Citrus aurantium)
オレンジの花から抽出されたエッセンシャルオイルで、その華やかで甘い香りのファンも多いです。細胞の修復を促し、シミ、シワ、たるみなど大人の肌の悩みに適しています。

美容オイルの作り方


1. 植物オイル 10ml (小さじ2)をビーカー(なければ清潔なガラス容器)に入れる。
2. エッセンシャルオイル2滴 を加えて、木べらなどでよく混ぜる。

たった2ステップのシンプルなレシピで、植物のパワーがぎゅっと詰まった美容オイルが完成です。
保存する場合には、遮光ガラスの保存容器を用い、冷暗所で保存してください。酸化しにくいオイルを使っている場合でも、2週間以内に使い切ってください。

少ない材料で簡単に作れる美容オイルは、肌の悩みや香りの好みでカスタマイズできるのが嬉しいところです。また、代表的な植物オイルとエッセンシャルオイルの特徴を覚えておくと、市販の美容オイルを選ぶときにも役立ちます。手作りでも市販のものでも、自分にピッタリの1本を見つけてみてください。