幸せは手先の末端から!幸運を呼ぶ「末端美容」で仕事&恋愛運UP♡

「幸せは末端から入る」というのは、昔からあることわざ。「おまじないでしょ?」……筆者もそう思っていました。ある時から末端美容をがんばり始めたら、仕事運がぐぐーーーんっとUPしたんです。実は「末端を美しくすること」には「セルフコントロール」の要素がたくさんあるみたい。

beauty

どうして、末端美容が効果的なの?

shutterstock_281827754 (1)

「末端美容」は、一般的には毛髪と手足のケアのことを指します。毛先と爪先が傷んでいると幸運が入ってこないと言われているのは、なぜでしょう? それは、末端の傷みが「心の余裕のなさ」を感じる場所だからです。

IMG_20151122_141132

パサパサに傷んだ毛先やささくれだらけの手は見た目にもがっかり。本来、自分を労わる心の余裕があるときは、綺麗にお手入れされているはずの場所なんです。余裕のない心は、小さな幸運も見逃しがちということから言い伝えられているようです。

目が脳に伝えること

shutterstock_321582089

手や足の爪は特に「目に映るパーツ」ということで、心理面を左右すると言われています。ボロボロの爪、カサカサの手肌、ささくれと出血……仕事中にふと目にすると自分でがっかりしませんか? 心までささくれてしまいそうです。毎日、何十回も目にする手という場所。そんな気分じゃ、上手に幸運を見つけられないですよね。

IMG_20150204_223835

キレイな景色や、大好きな色、うれしくなるような艶。自分が好きなものや色を目にすることで、無意識のうちに自分の美意識へのモチベーションをUPさせてこそ、小さな幸運も見逃さずに毎日を過ごせるように。だからこそ、毎日目にする手元はとても大切な場所なのです。毎日鏡を見なくても目にする場所だからこそ「無意識の部分」に働きかける効果があるのかもしれません。

手元からはじめる、自己プロデュース

shutterstock_267490595

そんな「末端美容」の中でも「手元」は特に重要。なにげなく毎月付けているジェルネイルが、自己プロデュースに役立つことはご存知ですか? 例えば「仕事ができる女でありたい」と願い、上品なベージュのシンプルなネイルやフレンチネイルなどを選ぶとします。 すると、自然とそのネイルに似合う洋服やバッグを選ぶようになり、自分の印象を大きく左右することになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もしも「顔が怖い」とか「あの人、話しかけづらい」と言われているなら、柔らかいピンクなど温かみのある指先がおすすめです。自分も周りの人も「優しさ」を色から感じて、自然と柔らかい雰囲気に。目にしやすい場所だからこそ「なりたい自分」を反映させることで、自己暗示にかけるような効果があるのが指先です。

運気があがる!と人気の風水ネイルなら

目から入る色の情報と風水を掛け合わせていて根強い人気なのが風水ネイル。

例えば、仕事がうまくいっていないような時に白のネイルにすると、浄化の効果があると言われています。大切なプレゼンがある時に、小指の爪を少し伸ばしておくとコミュニケーション能力が上がると言われています。指や色ごとに効果の違いがある風水ネイル。「金運ならゴールド?」と思いがちですが、ゴールドをたくさんキラキラさせればいいわけではないそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金運を願うゴールドは「上品」で「悪目立ちしない」ことが大切なのだそう。たしかに、お金持ちだからって金歯ばかりでは嫌ですもんね。ゴールドこそ、使い方が難しい色。金運のネイルには「自分がイメージするようなお金持ちが付けているであろうデザイン」を選ぶと良いのだそうです。

私が続けている3つのルール

なるべく幸運でいたい筆者が、こっそり続けている末端美容はいくつかあります。

1.汚れを溜めないこと 
2.冷静になれる色を使うこと
3.右手の人差し指と小指、左手の薬指はネイルアートを施すこと

まず「汚れを溜めない」。これは、一番基本であり大切なところ。余分な角質があると、ささくれもできやすくなりますし乾燥しやすくもなります。角質や余分な甘皮は「垢」と同じようなもの。保湿はもちろん大切なのですが、肌への浸透を促す為にもまずは「汚れ」をキレイにすることが必要です。

IMG_20160724_140237

次に「冷静になれる色」として、ブルーを取り入れた指先にしています。大切な会議があるような日は、白やベージュのシンプルなカラーにブルーのストーンを。しばらく慎重に進みたい時は思いっきりブルーを。爪を見るだけで、ふっとスイッチが切り替わるのが不思議です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして最後はネイルアートの位置です。縁やチャンスを掴む、呼び込むと言われる「人差し指」と「小指」は必ずスワロフスキーで光らせています。それと、左手の薬指。ここは、安定した恋愛や結婚生活を導くとされる指。この3本はネイルアート必須です。

いつも前向きでいられますように

女性が小さい頃から「おまじない」を試すのは「こうすれば叶う」と信じることで、前向きな自分でいられるということを本当はわかっているからなのかもしれませんね。もちろん、信じるだけで努力をしないのはNGですが、毎日指を目にすることで「そうだった! こういう自分になりたいんだった」と思い出すキッカケになりそう。たくさんの幸運を呼び込みそうな末端美容。おまじない気分でいかがですか?