勝負服は「ドライクリーニング」が正解?クリーニングの正しいオーダー術

お気に入りのドレス。家庭用洗濯機で洗うのは心配……と、クリーニングに出すのが一般的だと思います。でもそれってなぜ? 家庭での洗濯と、クリーニングの違いって何だと思いますか? そしてクリーニングにも種類があるのを知っていますか? みなさんがよくお使いになるのはドライクリーニングですが、実はほかにも種類があります。

fashion

家の洗濯とドライクリーニング。なにが違うの?

shutterstock_259381649

家庭での洗濯は水と洗濯用洗剤を使います。対してドライクリーニングは、水を使わず有機溶剤というものを使う、クリーニング屋さんで行われている方法です。

有機溶剤と聞くと難しく感じますが、車のガソリン、ドラッグストアなどで売っているしみ抜き用ベンジン、除光液に入っているアセトンなどがそう。水とは混じらず、油を溶かします。これを洗剤として使うので、ドライクリーニングは油汚れは良く落ちますが、汗、しょう油、お酒のように水で落ちる汚れは落ちにくいのです。

 

こんな時は家洗い? それともクリーニング?

shutterstock_317115503

ウール、特にジャケットやコートのような大物は、縮みや型崩れが心配で家では洗濯しにくいですよね。その点、水を使わないドライクリーニングは安心です。でも、ドライクリーニングだと汗のように水で落ちる汚れが落ちにくいから、ひどい場合にはしみになってしまうことも。

たとえばウール100%のジャケットを着て、「ひどく汗をかいた」「しょう油のしみをつけてしまった」という時にはどうしましょう。

こんな時は、家で汚れたところを水洗いしてからドライクリーニングに出せば良いのです。時間がないなら、クリーニング屋さんで水洗いをお願いするのも手です。ドライクリーニングに適した衣類を水で洗う「ウェットクリーニング」という方法があるんですよ。また、水洗いできる服だけど汚れがひどくてきれいにならないというような時には、温水を使った「ランドリー」という方法もあります。クリーニング屋さんはドライクリーニングだけではないのです。

 

洗濯機の「ドライコース」はこう使う

shutterstock_114201574

家庭の洗濯機は必ず水を使うので、クリーニング屋さんのドライクリーニングとは違います。いってみれば、「ドライクリーニングマークのついたデリケートな衣類を洗うことができるコース」でしょうか。洗濯機の種類によって洗い方も違いますが、水流を弱くするなどして、できるだけ衣類にダメージを与えないように考えられています。おうちの洗濯機の取り扱い説明書を確認してみてください。洗えるものと洗えないものの区別や、洗濯後の干し方までくわしく書かれているものもありますよ。

 
 

クリーニングはここに注意!

shutterstock_233757100

クリーニングに出す前に、衣類の素材や汚れを確かめ、どんな汚れでどの程度汚れているか、仕上がりの希望などをきちんと伝えましょう。また、衣類を引き取った直後に着ると、有機溶剤が肌に触れてやけどのような症状を起こすことがあります。袋から出して数時間ほど風に当てましょう。長くしまう時も同じです。袋のままだと湿気がこもってカビの原因になります。
長く美しく着たい勝負服。時にはクリーング屋さんの手も借りて、上手にお手入れして下さい。