熱源を一切使わない~梅冷や汁~【仕事帰りの家ごはん】

ご当地料理として有名な冷や汁。そのまま食べてもごはんにかけてさらさらと頂くのも◎。今回はツナ缶使用で一切火を使わないレシピです。梅干しを加えることでさらにあっさり頂けます。

gourmet

レシピ(調理時間:約20分)※冷やす時間を除く

〈材料/2~3人分〉

・きゅうり        1本
・なす          1本
・みょうが        1本
・大葉          2~3枚
・木綿豆腐        1/2丁
・ツナ缶(水煮)     1缶
・水           300ml
・味噌          大さじ1と1/2
・すりごま        大さじ1
・梅干し         1個程度

〈作り方〉

[1]きゅうりは2~3mmの輪切り、なすは2~3mmの半月に切る。皮を縞目に剥くと食感が柔らかく食べやすい。海水程度の塩水に15分ほど漬ける。大葉と茗荷は千切り。
[2]②ボウルに味噌を入れ少しずつ水を加えて、泡だて器などで良く溶かす。ツナ缶、崩した豆腐、みょうがを加え[1]のきゅうりとなすは手でしっかり絞って加える。
[3]良く冷やしお好みで氷を浮かべ、大葉、梅干し、白ごまなどを添える。

※なすはしっかり水にさらすことで灰汁抜きも兼ねます。
※梅干しは種を取って叩いて汁に混ぜ込んでも◎。後乗せなら好みの量をどうぞ。

梅干しパワー

食品の腐敗を防ぎ、クエン酸効果で疲労回復、汗をかいた後の塩分補給にと、夏には嬉しい事ばかりの梅干しです。うちでは毎年自家製梅干しを漬けています。

たまには火を使わず、快適調理♪