夏のオフィス美人のインナーは”エアリズム”

やってきました、夏本番。夏のインナーはキャミソールだけ? 働き女子がインナーに求める3つの機能①襟口からのぞかない②消臭③トップスに響かない!を兼ね備えた優秀すぎるインナー”エアリズム”が登場。編集部スタッフが実際に着てみた体験レポートをお届けします。

fashion

夏のインナーにはこだわりのある、暑がり編集スタッフが実際に着用。その着心地はいかに!?

ほんとに透けない!

AM8:15。朝日が射し込むベランダで、薄いシャツを着て撮影をしました。ほら、白い薄手のシャツでも全然透けていません。今着用しているのは、シームレスTのベージュタイプ。

伸縮性があり、サラッとした着心地が特徴です。156cmのスタッフでSサイズを着用。締め付けはなく、程よいフィット感と消臭効果で1日中快適に過ごすことができました。普段は綿タイプのキャミソールを愛用していますが、下着の紐が透けてしまったり部屋干しの匂いが残ったり……とインナーの悩みは尽きません。

襟ぐりが深めなので、シャツの第二ボタンまで開けても、インナーが見える心配なし。

袖のラインを見せる為に逆光気味で撮影をしましたが、日常生活であればインナーを着用していることもバレないくらい、アウターへの影響も少ないんです。

自然光の下でも、こんなに自然に。薄手の白シャツをもって、ここまで透けないのは驚きです! 働き女子にとっては、下着のラインが見えないことは大事なポイント。また冷や汗をかいても、大丈夫。繊維には特殊な加工がしてあるので生地についた汗などの匂い成分を中和し、消臭してくれる嬉しい機能がついています。

タンクトップタイプは、ノースリーブにおすすめ

こちらは”タンクトップタイプ”。カラーはブラックを選びました。

ノースリーブや、脇のあいたタイプのTシャツを着ていると、隙間からインナーが見えてしまうことも……そのチラリズムは職場ではナンセンス。では検証してみましょう。
タンクトップタイプ(ブラック)の上に、ノースリーブのトップスを着てみました。

まずは検証ポイント①:襟ぐり。難なくクリアです。

続いて検証ポイント②:脇の下。油断しているとチラリをしてしまう、重要ポイント。計算され尽くした絶妙な開き加減で見事クリアです! ホワイトボードに文字を書く時でも大丈夫。

トップスに響かない、薄手のシルエットも魅力。見た目も着心地も窮屈感がなく快適に過ごすことができました。

ジーパンの中に入れても、薄手なのでゴワゴワしない。ほら、見た目にはわからないけどちゃんと着用してるんです!

伸縮性のある素材

素材はサラッとしていて、伸縮性のあるものを使用。手でのばすと、こんなに伸びるんです。

この透け感をみれば、涼しさがお分かりいただけますでしょうか? 働き女子の欲しいツボをすべて備えた優秀すぎるインナー”エアリズム”。この夏の強い味方になりそうです。

<DATA>エアリズム シームレス
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/airism/women/

写真/一居武
文/佐武麻美