“東洋のガラパゴス”小笠原諸島で大自然に触れる旅

「東洋のガラパゴス」として知られる小笠原諸島。平成23年に、世界自然遺産にも登録されました。年間を通してすごしやすい気候が特徴であり、観光地としても有名です。 小笠原諸島の海はボニンブルーと呼ばれており、この場所でしか見…

trip

「東洋のガラパゴス」として知られる小笠原諸島。平成23年に、世界自然遺産にも登録されました。年間を通してすごしやすい気候が特徴であり、観光地としても有名です。
小笠原諸島の海はボニンブルーと呼ばれており、この場所でしか見られない鮮やかな魚も多く、エメラレルドグリーンの海が、訪れる人々の心を癒してくれます。
小笠原諸島に生息する動植物は独自の進化を遂げており、この場所でしか見れない光景が数多くあります。
今回はそんな小笠原諸島の魅力についてまとめてみました。観光に訪れる際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
出典: http://www.photo-ac.com/

 

小笠原諸島の位置と特徴

小笠原諸島は東京から1,000キロほどの場所にある島々の総称のことを言います。島は30ほどの小さな島々が連なっており、太古から離れ小島として生態系が進化してきた歴史から、この島でしか見られない固有の生物を目にすることができます。それゆえ「東洋のガラパゴス」と呼ばれるようになったのでしょう。

 
 

小笠原諸島の美しき自然

小笠原諸島を訪れると、美しいマリンブルーの海が出迎えてくれます。小笠原諸島は数多くの島々から成り立っていますが、実際に人が住んでいるのは父島と母島だけです。島々の多くが無人島であるために、手つかずの美しい自然が今もなお残っているのでしょう。

 
 

美しき海と海洋生物に触れる

小笠原諸島の海は日本でも有数の透明度を誇り、近海には多くの色鮮やかな魚たちが生息しています。海中の世界には、日常では味わうことのできない美しい光景が広がっています。この地を訪れた際は、ぜひダイビングやシュノーケリングも体験してみてください。

 
 

小笠原諸島に生息する生き物たち

小笠原諸島は大陸と遠く離れた場所に位置していることもあり、島に生息する生物は独自の進化を遂げてきました。天然記念物にも指定されている小笠原オオコウモリは羽を広げると大きなものでは1メートルを超えるものもいますし、この島にしか生息しないメジロもいます。

 
 

一度は訪れたい母島

小笠原諸島の中でも数少ない、人が住んでいる母島も、美しい自然が手つかずのまま多く残されています。この島で一番高い山は乳房山です。山の山頂からは母島の最南端まで一望することができます。母島を訪れた際にはロース記念館にも立ち寄ってみてください。この建物は母島特産のロース石で出来ており母島の歴史や自然などについて学ぶことが出来ます。

 
 

父島にも立ち寄ってみましょう

小笠原諸島は大陸から離れた島であることもあり、自然観測には適しています。国立天文台の小笠原観測所なども有名です。大村海岸はウミガメの産卵地としても有名で、毎年6月頃にはウミガメが産卵するためにこの地を目指します。

 
 

おわりに

小笠原諸島の自然について紹介してきましたがいかがでしたか? この島々には未だ手つかずの美しい自然が数多く残っています。訪れた際には島特有の生物に触れることが出来るかもしれません。太古の自然が残されたこの美しい島に、ぜひとも一度訪れてみてはいかがでしょうか。