シルク派?コットン派?自分にぴったりのパジャマで上質な眠り時間を。

シルク(絹)のパジャマは良いという評判を聞いたことがある人は多いのでは? でも高そうだし、手入れが難しそう。それに比べてコットン(綿)のパジャマはよく目にするけど、比べると質はどうなんだろう……。自分に合うパジャマの素材って考えたことありますか? 1日の疲れを癒す大事な睡眠のお供になるパジャマ。今回は、一級衣料管理士の筆者がパジャマを選ぶときのちょっとしたポイントをお伝え致します。

fashion

シルクとコットン、違いは何?

shutterstock_364517051

シルクは蚕のまゆから作られます。細くて長く、毛羽立ちがないので、肌触りがなめらかで美しい光沢を放ちます。まゆの中で幼虫が育ちやすいように一定の温度と湿度を保ち、紫外線を吸収するようにできているので、布地になっても保温性が高く吸湿性(湿気を吸う性質)と放湿性(湿気を外に出す性質)が良いのが特徴です。私たちの肌と同じたんぱく質でできているので肌なじみも良いです。

一方コットンは綿花という植物からできています。綿は、中心にあるルーメンという穴とよじれが空気をたくさん含むので、やわらかく、保温性と吸湿性があります。シルクに比べて商品の幅が広く値段も安め。ただ、乾きにくいので、汗をかいたらこまめに取り替えることをおすすめします。

 

洗濯に一癖あり

shutterstock_98246006

シルクはアルカリと水の中での摩擦に弱いので、一般的によく売られているアルカリ性の洗剤を使って洗濯機で洗うと毛羽立ちやすいです。中性洗剤を使いやさしく手洗いして下さい。紫外線に当たると変色してしまうので必ず日陰干しで。コットンは市販の洗剤を使い洗濯機で洗っても問題なし。縮みやすくしわになりやすい特徴があるので、水分を含んだ状態で伸ばせばしわも残りにくいです。脱水後はすぐに取り出し、振りさばいてしっかり叩くことが大事なポイント!

 
 

洗えるシルクの登場も

shutterstock_70630396

パジャマに必要な性能としてはシルクが少し上ですが、購入のしやすさや洗濯の手間においてはコットンがワンポイントリードといった雰囲気です。でも実は、シルクにも洗濯しやすい種類のものが出てきているんです。ポリエステルという合成繊維の断面を三角形にして、美しい光沢を出すことでシルクに似せた「洗えるきもの」や、シルクそのものを加工し、優れた性能はそのままでお洗濯がラクなシルクなどなど。そうはいっても、やはり「中性洗剤でやさしく」が基本だと思います。洗濯機を使うなら洗濯ネットに入れて洗いましょう。

 

自分に合った1着を……。

shutterstock_144008746

洗濯などのお手入れに手間がかかりますが、多少高くても、着心地が大切という方はシルクを。お洗濯にはあまり手をかけられないなぁという方はコットンを。気分によって使い分けるのも良いですね。お気に入りのパジャマでゆっくり眠って1日の疲れを癒しましょう!