10分レシピ!夏のずぼらジェニック飯-大人のピリ辛タコライス-

22時までに帰宅したらご飯をつくるのがマイルール。編集者として働く私が日々作っている「ただいまー」から10分で出来るレシピをご紹介します。今回は、チリペッパーとタバスコのダブル使いでピリっと感を加えた真夏のタコライス。疲れてるから………と台所に立たないのは勿体無い。簡単でも盛り方一つでハッとするフォトジェニックならぬ”ずぼらジェニック”なレシピをご紹介します。

gourmet

レシピ(調理時間:10分)

〈材料/1人分〉

・豚ひき肉 100g
・たまねぎ 1/2個
・プチトマト 5個
・レタス   2~3枚
・ご飯    お茶碗1杯分
・サラダ油  小さじ1
[調味料]
・ケチャップ 大さじ2
・ウスターソース(中濃でも可) 大さじ1
・醤油    小さじ1
・チリペッパー 小さじ1/2
・タバスコ  3~4滴

〈作り方〉

[1]たまねぎをみじん切りにする。フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎを入れ茶色になるまで炒める。
[2][1]に豚ひき肉を加えて炒め、火が通ったらケチャップ・ウスターソース・醤油・チリペッパーを加えて混ぜ火を止める。

[3]プチトマトのヘタを取り、半分に切る。ボウルに移しタバスコをかけて混ぜる。
[4]レタスを洗い、小さめの一口サイズにちぎる。深皿にご飯を盛り、[2][3]とレタスを載せる。

2種の辛味で、奥深さを

奥深さのあるピリっとタコライスを実現するために、2種類の辛み調味料を使用。豚ひき肉にはチリペッパーを。プチトマトにはサルサ感を簡単に出すために、タバスコをかけて和えました。チリペッパーがない時は、ブラックペッパーでも大丈夫。いつもより多めにあけて、ピリッとさせるのがおすすめです。