10分レシピ!夏のずぼらジェニック飯-プチトマトのペペロン冷奴-

22時までに帰宅したらご飯をつくるのがマイルール。編集者として働く私が日々作っている「ただいまー」から10分で出来るレシピをご紹介します。今回は、チリペッパーとタバスコのダブル使いでピリっと感を加えた真夏のタコライス。疲れてるから………と台所に立たないのは勿体無い。簡単でも盛り方一つでハッとするフォトジェニックならぬ”ずぼらジェニック”なレシピをご紹介します。

gourmet

レシピ(調理時間:10分)

〈材料/1人分〉

・豆腐(絹) 1丁
・プチトマト 5個
・にんにく  1かけ
・オリーブオイル 大さじ2
[調味料]
・塩     小さじ1/2
・胡椒    少々

〈作り方〉

[1]にんにくは芽を取って半分に切り、香りが出やすいように軽くつぶす。プチトマトはヘタを取り半分に切る。

[2]フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れてじっくりと弱火にかけ、にんにくの香りが立ったらプチトマト・塩を入れてプチトマトの表面の色が変わるまで炒める。
[3]豆腐(絹)を食べやすい大きさに切り、器に盛る。[2]を豆腐の上にかける。仕上げに胡椒をふる。

ワインとあわせて

気温が高く、なんだか食欲がない日。キリっと冷えた白ワインとあわせて創作冷奴はいかが? 冷たい冷奴とにんにくが効いたペペロンチーノの組み合わせが食欲を増進させる、簡単おつまみです。