”泊まる”というご褒美-「AᗺBA RESORTS IZU – 坐漁荘」癒やしの週末TRIPは伊豆高原で

記憶に残る宿に出会う。一生のうちで何回出会えるのでしょう? 大人になった今だからこそ、贅沢に”泊まる”を愉しむ日があってもいいなと思うのです。

trip

伊豆高原駅から車で10分程の浮山温泉郷にあるお宿「AᗺBA RESORTS IZU – 坐漁荘」。
伝統とモダンが調和する、記憶に残る宿。ここには、日本で暮らす誇りを感じられるひとときがありました。

宿に到着。赤い傘が映える玄関に、胸が高鳴ります。扉をあけると……

上品な中にも確かなセンスが光る、心地よい空間が広がります。その細部のデザインまで見惚れてしまうほど。

ここでお抹茶と、山もものお茶菓子をいただきながらチェックインの手続きができます。久しぶりに頂くお抹茶に、思わず背筋がピンと伸びる思い。

ほっと一息ついたら、本日のお部屋へと移動になります。「AᗺBA RESORTS IZU – 坐漁荘」には純和風の空間が広がる本館と、和モダンの装いが素敵な露天風呂付きヴィラがあります。

露天風呂付き、ヴィラ

奥に見える露天風呂だけでなく、青い空や緑の木々が美しく映る水面が広がる空間。デッキに座ってそよ風を愉しみながら寛ぐひとときは、最高の贅沢時間。

開閉可能な大きな窓の奥にはリビング・寝室が広がります。夜になると灯りがともり、更に雰囲気のある空間に早変わり。記憶に残る一夜になりそうです。

露天風呂も、昼間とは変わってグッとムード漂う夜の装いに。

そして、嬉しいアメニティサービスも充実。なんとBVLGARIラインが揃っているんです。爽やかな中にも甘さが残る香りが印象的。

なんと、使いきれなかったアメニティはお持ち帰りいただいてももちろんOK。お持ち帰り用のアメニティバッグまで用意されているおもてなしに感動です。

ツインタイプのベッドルーム。温泉に入った後にすぐ眠りにつけるのも、部屋付き露天の良いところ。

プライベート感あふれるひとときを

ヴィラの魅力の1つが、プライベート感。本館より徒歩で数分の”離れ”になっており、小道を進んでいくと現れる部屋の目印にワクワク。

塀に囲まれたお部屋になっており、大切な人との時間を人目を気にせずリラックスして楽しむことができます。

離れのまわりには、緑豊かなお散歩コースがあります。少しだけ早起きして散策。そんな朝の過ごし方も旅の醍醐味です。

本館も素敵

落ち着いた和の雰囲気が心地よい本館。自然の光が優しく射し込む廊下を歩くと、旅気分が高まります。

清潔感のある純和風の空間は、ゆっくりと時間が流れていくよう。

檜風呂がついているタイプのお部屋。この他にも露天岩風呂タイプもあります。

畳敷きのお部屋にベッドを置いているタイプの客室もあるので、好みのスタイルにあわせて予約することができます。

味わう贅沢

夕食は、和会席・フレンチ・鉄板焼きから選択可能。この日は和会席をチョイス。伊豆の魅力と夏の彩りが詰まった、贅沢な品々。その味わいはもちろん、見た目も華やかで会話もお酒も進みます。


食前酒は、特製やまもも酒。炙り雲丹がのった”もろこし豆腐”が先付けでした。
前菜はかごが涼しげで華やかな盛り付け。ほうずきの中に玉子が入っていたり、百合根を酢飯に見立てた”海老百合根笹寿司”などアイデアが光る逸品が揃っています。

椀物は、鮎をふわふわの真丈に仕立てた”焼鮎真丈”。清流の流れをイメージしたという、結び素麺が夏らしさを演出しています。

華やかなお造り。天城の本山葵をおろしていただきます。

伊豆といえば、金目鯛が有名。脂がのっている”とろ金目”や”かます”など季節の贅沢な盛り合わせを、3年熟成させて旨味を引き出した土佐醤油でいただきます。

お造りには、キリっと冷えた日本酒がよく合います。さて、ここで蓋物が登場。この日は6時間炊き込んだ”蛸の柔らか煮”でした。蛸の旨味はそのままに、口の中でほろっとほどける程柔らかく炊かれた蛸は絶品。

台物は、静岡峯野牛炭火焼き。季節のグリル野菜と一緒に盛られています。

そして、この後は青の小鉢にトマトの赤が美しい、”新蓮根のあちゃら漬け”が留鉢として。

桜海老の釜飯・焼き茄子の赤出汁が続きます。

最後に水菓子と甘味。

味の美味しさはもちろん、器や盛り付けなど細部までセンスとこだわりを感じられる献立は、まさに”食”の空間を愉しむひととき。
調理長の井戸さんに、そのこだわりを伺いました。

器は先代から引き継いでいるものと、自分で選んでいるものとあります。先付けのかごはもう何十年も使っている代表例。良い物は長く使うと、さらに良い風合いになります。季節と土地を大切にして日々、献立を考えていますね。

”癒やし”のひととき

心にも身体にも、いつもより贅沢を。そう決めた日はとことん贅沢をするのが”大人”の休日の醍醐味です。もうちょっと頑張ろう……そのちょっとが積もって、ふと気がつくと大きな無理をしていることもあるのでは? 「AᗺBA RESORTS IZU – 坐漁荘」の寧neen SPAは、心と身体を調和する癒やしのひとときを愉しめるプライベート空間。個室とカップル室があるので、1人でも2人でも気兼ねなく羽を伸ばすことができます。

スパに馴染みがない方でも大丈夫! 丁寧にカウンセリングを行っていただけるので、安心して希望を伝えることができます。

寧neen SPAで大切にしているのが”癒やし”の香り。まずは、その日の気分にあわせて使用するアロマの香りを選びます。ウッディな香りが心地よい”森”、リラックスできる深い香りの”大地”、華やかな”お花”の3種類。

個室で、バスローブに着替えたら、まずは抹茶を配合したフットバスで血行を良くします。

ストレスやモヤモヤを解消するコース、くすみが気になる人へのコース、冷えやむくみが気になる人へのコースの3種類より、お悩みにあわせて選ぶことができます。この日は”水天一碧”というお肌のくすみを解消するコースを選びました。ボディ→フェイシャルのケアを行っていくコースです。

小豆のスクラブや、酒粕のパックなど保湿効果の高いものを使用。施術直後は全身がポカポカしているのを実感。翌日は化粧水を塗った後のハリが数段アップしていると感じました。

最後に冷たいハーブティーとお茶菓子でクールダウン。きめ細やかなおもてなしに、心がほぐれていきます。

無意識のうちに頑張り過ぎてしまったり、心がトゲトゲしてしまったり……。そんな時は思い切って心にも身体にも贅沢をすることも、大人のリラックス方法です。五感で”愉しむ”週末があると、ふっと力が抜けて気が軽くなるかも。ふと行き詰まったり、立ち止まりたくなったとき。ここには”泊まる”を愉しめる最高の空間がありました。毎日を頑張るLiBzLIFE世代に自信を持っておすすめします!

<AᗺBA RESORTS IZU – 坐漁荘>
公式ホームページ

■住所:静岡県伊東市八幡野1741
■TEL:0557-53-1170