たった1分!鏡で簡単、毛穴typeチェック

ふと気になり始めると、とことん洗浄したくなるのが毛穴の汚れ。黒ずんでるかも……と汚れを無理に押し出すと、余計に毛穴が広がってしまう可能性も! 毛穴の特徴を知ることで正しいお手入れ、はじめませんか?

beauty

毛穴が目立つ?

対面で打ち合わせをしているとき。ふと、相手の毛穴に目がいってしまうことはありませんか? 微笑みを絶やさない、憧れの先輩に毛穴汚れがあったら……見なかったことにしたい気持ちになるかも。裏を返せばその毛穴、自分だって見られているはず。顔の毛穴が目立つのには理由が……。実は顔にある皮脂腺が大きい為、体に比べて毛穴が目立ちやすいと言われています。一言で”毛穴が目立つ”といっても、目立ち方は人それぞれ。毛穴の種類も違います。では、毛穴にはどんな種類があるのでしょう?

毛穴の種類は3タイプ

毛穴は、3つのタイプに分類されます。
・エイジングによる毛穴の開き
・皮脂による毛穴の黒ずみ
・乾燥による毛穴の目立ち

肌性やホルモンの影響、年齢などの影響で毛穴タイプが異なります。自分がどのタイプの毛穴かを知ることは、正しいお手入れへの近道! 毛穴のタイプによってケアの方法も変わってくるのです。

毛穴の目立つ場所や毛穴の形、そして毛穴の色を見れば自分がどのタイプに当てはまるかがわかります。まずは鏡で1分チェックしてみましょう!

Type①:エイジングによる毛穴の開き

check
 頬部分の毛穴が気になる
 よく見ると、涙型の毛穴の形をしている

このタイプの特徴は、頬部分に多くみられる涙型の毛穴。エイジングが原因でコラーゲンが劣化。重力に負けて毛穴が縦に開いてしまう現象です。別名「たるみ毛穴」とも呼ばれます。

●正しくお手入れ

このたるみ毛穴の大きな原因は「糖化」。「糖化」とは、糖とタンパク質が結合することで老化を促進させるAGEsを発生させる減少のこと。ハリや弾力、透明感を失い「たるみ毛穴」や「くすみ」の原因となります。そこで「糖化」ケアが簡単にできるディセンシアの「ayanasu」シリーズがおすすめ。特に、美容液「アヤナス エッセンス コンセントレート」は「たるみ毛穴」の原因となる「糖化」に着目し、開発された美容液。コウキエキスとシモツケソウエキスで糖化の予防+改善のWのアプローチで、気になるエイジングサインを防ぎます。敏感肌化粧品で糖化に対応した数少ないブランドなので、注目です。

●お手入れ3step
①浸透力を高めるために手のひらで温めてから、顔の内側から外側に向かって優しくなじませます。
②さらに、少量を手にとり顔全体になじませた後、中指をほうれい線に添えて優しく引き上げて。
③気になる頬は、引き上げるようにハンドプレス。しっかりと浸透させるのがポイントです。

たるみ毛穴の原因である「糖化」ケアができるアイテムや、コラーゲン生成のサポートをしてくれるアイテムで正しいお手入れしましょう。


「ayanasu」 10日間トライアルセットを見る>>

Type②:皮脂による毛穴の黒ずみ

check
 鼻の頭や小鼻の毛穴が気になる
 脂性の肌である
 小鼻に黒い点々が目立つ

これは、脂性肌や混合肌によくみられる毛穴タイプです。鼻の頭や小鼻に黒い点々が目立つのが特徴。いわゆる、角栓が詰まっている状態です。

●正しくお手入れ
毛穴パックなどで無理に詰まりをとってしまうと余計に毛穴が広がったり、刺激によって炎症を起こし、ニキビになってしまう可能性もあるのでご注意を。たっぷりの泡を顔の上で転がすイメージで、優しく洗うのがポイント。指でゴシゴシこすったり刺激を与えるのは逆効果です。泡の力で皮脂毛穴を洗浄していきます。

●お手入れ3step
①ぬるま湯で顔を軽くすすぎます。
②洗顔ネットを軽くぬらして洗顔を適量を載せ、ぬるま湯を少量ずつ含ませながら十分に泡立てます。
③皮脂が多いTゾーンから泡をのせ、顔全体を優しく丁寧に洗います。すすぎもぬるま湯で。

ポイントは、たっぷりと泡立てた洗顔で丁寧に優しく洗うこと。おすすめはディセンシアの「スキンアップ クリームウォッシュ」。水を含ませると瞬時に泡立つ独自処方で、もっちりホイップ泡が完成! たっぷりの泡で洗う習慣をつければ、気になる小鼻の黒ずみも解消されそうです。


「スキンアップ クリームウォッシュ」 特別セットを見る>>

Type③:乾燥による毛穴の目立ち

check
 小鼻の毛穴のザラつきが気になる
 洗顔後、頬のつっぱりを感じる
 毛穴を見ると、白い点々になっている

インナードライが進んで、角栓が固くなり詰まった状態の毛穴タイプです。肌内部が乾燥しているにもかかわらず、毛穴を皮脂が原因だと勘違いしてさっぱりケアをしてしまうことによって起きやすい現象です。

●正しくお手入れ
肌内部まで潤すケアをすることが第一歩。さっぱりとしたケアから、保湿力の高いアイテムに切り替えてしっかりと潤いを与えることが大切です。見落としがちなのが、クレンジングアイテムの見直し。ウォータープルーフタイプのメイクを落とせるクレンジングは肌の潤いも一緒に奪ってしまうこともあるのです。そこで、特におすすめなのがリキッドタイプのクレンジング。肌なじみがよく、こすらず落とすことができるので肌への負担も軽いのが特徴です。

●お手入れ3step
①リキッドタイプのクレンジングを2~3プッシュを手のひらにとり、浸透力を高めるために手のひらで温めます。
②薬指と小指の腹を使って、くるくるとらせんを描くようになじませます。
③メイク汚れが浮いてきたら、ぬるま湯で6~7回程度すすぎます。

クレンジングも保湿力の高いものに切り替えて、落とすケアからしっかりと潤いを与えることが大切です。おすすめはディセンシアの「スキンアップ リキッドクレンズ」。水のように肌になじみ、スムーズにすっきりとメークを落としながら「保湿」「透明感アップ」「エイジングケア」の土台づくりをする水のようなウォータリークレンジング。つるっとなめらかに洗い上げ、肌を整えます。


「スキンアップ リキッドクレンズ」 特別セットを見る>>

毛穴のお手入れは、大人の女性の身だしなみ。細かなパーツこそこだわってお手入れすることで、安定した美肌につながります。お手入れの一歩は自分のタイプを知ること。
1分でOK、まずは自分の毛穴の状態を見てみませんか?