夏野菜を使い切るワンプレートVol.2~野菜たっぷりラタトゥイユオムライス~

冷蔵庫に使いかけのお野菜が残っていて、忘れていた……そういった経験ありませんか? そんな方におススメの、全3回にわたってお届けするレシピシリーズ。手順もシンプルなので、ぜひお試しを!

gourmet

冷蔵庫につい余らせてしまいがちな、茄子、パプリカ、ズッキーニ、ピーマン、玉ねぎを3回で使い切るシリーズ。全てワンプレートでありながら、野菜だけでなくお肉と合わせてバランスよく。

第2弾は、夏野菜たっぷりのラタトゥイユを使ったオムライス。ラタトゥイユはフランス語で、「夏野菜の煮込み」を意味します。

使い切り食材

・茄子
・ズッキーニ
・パプリカ
・玉ねぎ
こちらに、ベーコン、にんにく、トマトジュースをちょい足ししていきます。

もし、ピーマンを袋で購入したなら、第3弾レシピで使うピーマン1/2個を残し、副菜にしましょう。半分に切って、種を取ったら、トースターやグリルで焼くだけ。そのまま焼いて、お醤油でもおいしいですが、たまにはマヨネーズや粉チーズにカレー粉の組み合わせなど、いろいろ試してみるのも面白いです。

野菜たっぷりラタトゥイユオムライス

〈材料/2人分〉

・ごはん 1合分
・ベーコン 50g
・にんにく 1個
・オリーブオイル 大さじ2杯
・パプリカ 1個
・茄子 1本    
・ズッキーニ 1本
・玉ねぎ 1/2個
・トマトジュース 200cc
・ケチャップ 大さじ2杯
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1/2~(お好みで調整)
・卵 3個
・マヨネーズ 大さじ1杯
・牛乳 大さじ2杯
・塩 ふたひとつまみ
・オリーブオイル 小さじ2杯

〈作り方〉

下ごしらえ
・にんにくはつぶす。パプリカは乱切り、茄子、ズッキーニは8mm程度の輪切り、玉ねぎは櫛切りにする。
・ベーコンは1cm幅に切る。
・卵を溶き、マヨネーズ、牛乳、塩(ふたつまみ)を加えよく混ぜ、卵液を作る。

[1]フライパンにオリーブオイルとにんにく、ベーコンを入れ弱火で加熱する。香りが出たら、茄子、ズッキーニ、玉ねぎを入れ炒める。
[2][1]がしんなりしたら、パプリカ、トマトジュース、ローリエを入れ野菜の水分が出てくるまで中火でふたをして加熱する。水分が出てきたら、ときどきかきまぜながら野菜が柔らかくなるまで煮る。
[3]ケチャップを加え、塩で味を調える。
※これで、ラタトゥイユができあがり。ここで一度冷ますとよりおいしくなります。

[4]皿にご飯を盛り付け[3]をよそう。
[5]フライパンにオリーブオイルを入れ強火で熱する。フライパンが十分温まったら、卵液を入れ、軽くかき混ぜる。ふわっと固まったら、[4]に乗せる。
※あまりがしゃがしゃ混ぜすぎないようにしましょう。とろとろが好みなら、少し早めかな? と思うくらいで火を止めると◎

こちらにも、カレー粉はよく合いますので、味の変化を楽しみたいときにはぜひ。ラタトゥイユは、冷蔵庫に作り置きしておくと、仕事から帰ってきた後、卵を焼くだけで完成するので時短に! パスタソースにしてもおいしいです。今回は手軽にトマトジュースを使いましたが、生のトマトでも、缶詰でもOK!