強い女性は美しい!映画『ワンダーウーマン』から学ぶ魅力的な女性の心技体の秘密

今年いちばん熱い女性ヒーローになると言われているのが、全米で大ヒット中の女性アクション映画『ワンダーウーマン』。ワンダーウーマンことダイアナを演じた主演のガル・ガドットを一気にスター女優へと押し上げたこの映画が放つメッセージは、女性の持つ心技体の強さです。ワンダーウーマンから、その強さの秘密を教えていただきましょう!

lifestyle

 

ワンダーウーマンの心:自分の中の正義を貫く

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC Clay Enos/ TM & © DC Comics all right reserved.

外の世界と隔絶されたパラダイス島のアマゾン族の王女として育ったダイアナ(ガル・ガドット)は、島に不時着した小型飛行機に乗っていたパイロットのスティーブ(クリス・パイン)から、世界が危機にさらされていると聞き、女王である母の「外に出たら島へは戻れない」という反対を押し切って、生まれて初めて外の世界へと飛び出します。

ダイアナは自分の中の正義に忠実です。だから母の反対も押し切るし、闘いの途中「全ての人は救えない」というスティーブの言葉を押し切って前進する強さも見せます。それは英雄になりたいからではなく、窮地にいる人々を放ってはおけないという「救いたい」「守りたい」という母性も含んだ正義。我が子を絶対に守る母親のように、彼女は世界を救います。そして彼女の強い心は、どの女性にもある強さなのです。

ワンダーウーマンの技:経験により戦闘能力を高めていく

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC Clay Enos/ TM & © DC Comics all right reserved.

戦士としての技に磨きをかけてきたダイアナは、島にいたときよりも、外の世界へと飛び出して闘うことでより戦闘能力が強まっていきます。彼女自身が自分の力に驚きを隠せないように、経験値が上がることで肉体も技もアップしていくのです。やはり何ごとも実践、経験ですね。
彼女が上腕の腕輪で銃撃戦をかわしていくシーン、剣と盾で敵に立ち向かっていくシーンなどは最高の見せ場!大人の女性もその強さに憧れ、ダイアナの決めポーズである「ワンダーポーズ」など、ちょっとマネしたくなるかもしれません。

ワンダーウーマンの体:アスリートのようなボディに憧れ

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC Clay Enos/ TM & © DC Comics all right reserved.

常に鍛え上げてきたダイアナだから、ボディは完璧。あの武具が似合う女性はそうそういないでしょう。モデル体型だと華奢すぎて武具が重く見えるし、グラマー過ぎるとコスプレ感が増して滑稽に見えてしまう。ガル・ガドットのアスリートのようなボディだからこそ似合うのです。胸も大きすぎないのがヨシ。
ちなみにガドットがワンダーウーマンのボディを作るために行ったトレーニングは乗馬、マーシャルアーツ、ウェイトリフティング。これらで体を鍛え、筋肉を増強して撮影に臨んだそうです。これからは華奢で折れそうなボディよりも、ワンダーウーマン的な筋肉質のしまったボディが流行りそうです。

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC Clay Enos/ TM & © DC Comics all right reserved.

何があってもあきらめず、前を向いて闘い続ける女戦士ワンダーウーマン。彼女の闘い方で何より素晴らしいのが、決して女性を武器にしないこと。男女差なく公平に闘いを描いているからこそ、彼女は称えられ、女性の共感を得たのです。強い女は美しく輝く! 今目指すべきはワンダーウーマンな女性かもしれません!

ワンダーウーマン
■監督
パティ・ジェンキンス
■キャスト
ガル・ガドット/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン ほか
■上映時間
141分
■配給
ワーナー・ブラザース映画
■劇場公開情報
2017年8月25日(金) TOHOシネマズ 他全国公開

Official Website