ネイルアートに秘密があった!できる女の爪に「折れ」も「欠け」もない理由

仕事をテキパキとこなす「できる女」って、指先までキレイですよね。爪も欠けたりしていません。「何か特別なことをしているのかな?」「それとも、元々折れにくい爪なのかな?」と疑問に思ったことありませんか? 爪先の欠けやひっかか…

beauty

仕事をテキパキとこなす「できる女」って、指先までキレイですよね。爪も欠けたりしていません。「何か特別なことをしているのかな?」「それとも、元々折れにくい爪なのかな?」と疑問に思ったことありませんか? 爪先の欠けやひっかかりは見た目の美しさにも影響しますが、指先が少しひっかかったりすると、仕事や家事のストレスになってしまいますよね。でも、ネイルの形やネイルアートの付け方を少し変えるだけでストレス知らずの指先にすることができるんです。「できる女」は仕事中の手の使いやすさを意識したネイルアートをしていたりするっていうことですね!

爪の形については前回の記事でお伝えしました。

「たちまち印象美人♡オフィスワークにベストな爪形知ってる?」

今回は、15万本以上の爪を施術してきたネイリストである筆者がおすすめする「仕事中の手の使いやすさ」を重視したネイルアートのポイントをお伝えします。

なぜ爪は横から折れやすいの?

人差し指や中指、よく使う指の爪が横から折れたことはありませんか? 実はそこ「ストレスポイント」と呼ばれる場所で、とても折れやすいんです。爪が短くても長くても、爪先に加わる力を集約して受け止める場所なので、予想外の衝撃で折れてしまうのですが、そこが折れると指の肉が見えそうで怖いし、何より痛い!

特に、重い物を持つ機会が多い職業の方や、梱包などの手作業が多い職業の方は、爪にテコの原理が働いたり爪がひねられたりして、ストレスポイントがとても折れやすくなってしまうんです。

「爪が折れて長さがバラバラ」になることを避けるためには、ストレスポイントの保護が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横が折れやすい爪にはネイルシールで補強を

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

爪の横からの亀裂を保護するには、ネイルシールが便利です。ネイルサロンでは、爪の横から亀裂が入ると「シルク」というシールのような素材のものを使って爪を修理するのですが、最初からシールを貼ってあれば、亀裂が入る心配も少なくなります。折れやすい爪がわかっている場合には、ネイルシールで最初から補強しておくのがおすすめです。

欠けてしまいがちな爪の先にはラメを塗って

爪先の白い部分、ちょっとしたことでパリンと欠けたことありませんか? これは、もともとの爪の弱さに加え、「乾燥」が原因になっていることが多いんです。爪は、指のお肉に乗っている部分は水分があるので半透明になっていますが、指から離れ、水分がなくなると白く変化します。そして、乾燥している爪ほど、指先の白さは濃くなります。

小銭を多く扱う銀行員の方や、紙の書類整理を多く行う事務作業の方、細かい材料を扱う方などに爪先の乾燥は多く見られます。

パリパリと割れてしまう方の爪は、爪先がまるで天然のフレンチネイルのように白いことも…。そんな乾燥してもろくなってしまった爪先の欠けを防ぐために有効なのが、ラメのネイルです。

AirBrush_20160809030737

白や透明のラメを使って爪先を保護すればナチュラルに仕上げることも可能。ラメは金属素材でできているものが多いので、ちょっと乗せるだけでも爪先の欠けを防ぐことができます。

PCを使う人は親指と小指にネイルアートを

人によって手の使い方が違うので、それぞれ折れやすい爪が違います。例えば親指は、PCを使う時に「横」の部分を使っている方が多い指。

他の指は必ず「指の腹」を使うのに、親指だけは倒れているのでサイド面をぶつけてPCを操作してしまう方が多いのです。

AirBrush_20160809030216

親指の爪が折れやすい方には、親指にネイルアートをするのがおすすめ。ネイルアートをしていると自然に指に目がいきますし、アートを大切にしたくなるので無意識に大切に扱うようになります。もちろん、補強にもなりますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、あまり使いそうにないのに案外折れやすいのが小指の爪。小指は筋力が弱いので、小指を使う作業の際に無意識で強めの力を加えてしまうのがその理由です。小指の爪がよく折れる方は、小指に重めのネイルアートを付けておくと重り代わりになって折れにくくなります。

爪のケアは保湿が基本

どんなにネイルアートで保護していても、爪そのものが乾燥していたらやはり折れやすくなってしまいます。爪は皮膚の付属器官。皮膚と同じように「保湿第一」です。ネイルオイルやクリームをしっかり塗るだけでも、爪の折れは未然に防げます。手を使う度に「いたっ」なんて小さなストレスを抱えないように、日頃の保湿を大切にしてみてくださいね。

川上あいこ/ネイリスト)

<写真提供>Nail&School Coeurdufer /Nail Lounge 2’daikanyama