包丁いらず、まな板いらずでワインのおとも~アンチョビきのこ~

帰宅してちょっと1杯飲みたいとき、缶詰や乾き物だけではさみしいな、というときの簡単おつまみレシピです。トースターで火を通している間に、お化粧を落としたり、ワインを開けたり、時間も有効に使えます。

gourmet

きのこは優秀食材。食物繊維が豊富で、低カロリー。そして、包丁なしでも調理可能。手で裂いたり、キッチンばさみで石づきを切り落としたりするだけでOK。これだけでも洗い物が減ってうれしいもの。そんなきのこを使って、トースターで作れるワインのお供をご紹介。

〈材料/直径10cmのココット1つ分〉

・きのこ類 ココット山盛り  
※今回はマッシュルーム、舞茸、しめじ、えのきを使用。
・アンチョビペースト 小さじ1杯弱
・オリーブオイル 大さじ1杯
・粉チーズ 大さじ1杯

〈作り方〉

[1]きのこ以外の材料を袋に入れよく混ぜる(ボールでもOK)。混ざったら、きのこを加え全体になじませる。
[2][1]をココットの中へ入れ、アルミホイルで蓋をする。トースターで全体がしんなりして、ココットの淵よりかさが下がるまで15分ほど加熱する。

お好みで、ガーリックを加えると風味が増します。おろしにんにくチューブを使えば、手間いらず。[1]の段階で加えると、全体によくなじみます。きのこから出たスープもバケットにしみこませて、最後まで召し上がれ。

今回アンチョビはチューブのペーストを使いました。缶詰や瓶詰より手軽に必要な分だけ使えるところがおすすめポイント。パスタや炒めものなどにも気軽に使えるので、1本ストックしておくだけで便利!