【目指せ!賢約美人 #3】~これで始めるふるさと納税・気になる地域編

知ればお得に節約・貯蓄ができるワンポイントアドバイスのコーナー。今回はふるさと納税・仕組み編。最近よく聞くふるさと納税、名産品を中心に返礼品をもらえることもあり興味がある方も多いはず。今回でその仕組みを学べば、後は気になる地方を選ぶだけに!

lifestyle

前回では、ふるさと納税の仕組みについて紹介しました。これまでにない納税制度として注目されおり、活用をお考えの方はぜひご一読ください。
今回は、特産品やレジャーを少額からでも受け取ることができる地域をご紹介。ふるさと納税を機会にぜひその地方を知るきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

海岸レジャーを楽しめる宮崎市


きれいな海が自慢の宮崎県宮崎市。日向灘はサーフィンの聖地としても有名で、宮崎市もマリンスポーツによる町の活性化に力を入れています。ふるさと納税では、寄附金額3万円からインストラクターの指導によるマリンスポーツ体験が可能に。また、6万円の寄附で宿泊がセットになります。
少額からでも楽しみたいという方にも、おススメが。宮崎といえば宮崎牛を筆頭に地域ブランドの肉食品が多いのが特徴です。牛・鶏・豚のお好きなお肉からお選びいただけます。

宮崎県宮崎市
■返礼品など
レジャー・ブランド鶏 など
■主な使い道
農林水産業活性化・環境事業 など

Official Website

日本海の海の幸をふんだんに。小浜市


京都へのアクセスもよく品のよい港町福井県小浜市。日本海側の海の幸が豊富に取れ、グルメな地域が多い北陸の中でも屈指の美食地域で有名です。少額からでも、様々な種類の海産品が返礼品としてもらえ、日本に誇るバラエティの豊かさといえるでしょう。関東にお住いの方は、中々食べることのできない日本海側の海の幸を堪能できることもおすすめポイント。とりわけ、焼鯖が美味しいことで有名です。

福井県小浜市
■返礼品など
海産品 など
■主な使い道
食育・産業活性化 など

Official Website

きりたんぽも、ブランド牛も。大館市


忠犬ハチ公の生誕の地としても知られている秋田県大館市。青森県にも接する大館市は、様々な食を生産していますが秋田名物きりたんぽが最も有名でしょう。さらにお肉の生産にも力を入れており、「秋田牛」、「大館さくら豚」、「比内地鶏」を生産しています。クオリティーの高い食品を返礼品でもそろえ、ふるさとの味を堪能できるでしょう。また、地酒の生産にも力を入れており「北秋田」・「夢の幻」などの飲み比べセットを返礼品でいただけます。
もし、メニューに目移りしてしまうということであれば旅館の宿泊を返礼品で。美味しい食事とお酒を秋田の自然の中で堪能できます。

秋田県大館市
■返礼品など
きりたんぽ・加工食品 など
■主な使い道
教育・環境保全 など

Official Website

十勝ワインの名産地。池田町


十勝ワインで有名な北海道池田町。ワインで返礼品を選ぶならば多くの方が候補にあげることでも知られています。池田町は日本一古いワイナリーとしても知られ、辛口ワイン一筋を貫いてきました。北国で作られるブドウは酸味が強くなることを活かしたワインづくりで、赤ワインは長期熟成で本格派に、白ワインは爽やかな味わいに仕上がります。
池田町で開発されたブドウの品種によって作られたワインを返礼品でもらうことができますが、おつまみにも最適な酪農製品や肉の加工食品も受け取ることもできます。北海道だからこそ酪農製品と一緒に毎晩のお酒をちょっと贅沢に。

北海道池田町
■返礼品など
ワイン・酪農 など
■主な使い道
ワイン振興・林野育成 など

Official Website

控除額を事前に確認

総務省ウェブサイト(控除額のしくみ)より作成

ふるさと納税は、自分で選んだ地域へ寄附をおこい多くの自治体から寄付金額に応じた返礼品を受け取ることもでき、税金控除(支払うべき税の減額・支払い済みの税の還付)を受けることができる制度です。したがって、ふるさと納税を賢く使うならば、控除額上限を目安に返礼品をみるといいでしょう。また、平成27年度の法改正により控除額上限が二倍になりました。用途と返礼品が寄付金額によることを考えると、多くの選択肢ができたといえるでしょう。
賢約のためには自分の控除額上限をなるべく正確に知ることが重要です。控除額上限は細かい条件をのぞけば、大まかには所得税と住民税にわけてそれぞれ計算されます。自身の年収から支払わられるべき二つの税金から計算をするため、控除額上限は主に収入と世帯の人数によって決定されます。今回の表には独身または共働き世代の方の控除額を表にしました。
なお、住宅ローン控除や医療費控除を受けている方はこの表に合致しないケースとなります。この表はあくまで目安ですが、総務省や国税庁のウェブサイトでは計算表などの便利なツールがあるので、ぜひ使ってみてください。正確な額を知りたい方には税や法律の専門家に相談することをおススメします。