注目が集まる山梨ワインを堪能できる収穫祭が、東京ミッドタウンで

山梨の勝沼にあるシャトー・メルシャンのワイナリー。毎年行われていたワインイベントが今年は六本木で開催。様々な角度から日本ワインの魅力に迫ります。意外と知らなかったワインとの出会いが待っていそうです。

trends

日本を味わう!


近年注目を集める日本ワイン。その原点といえるのが山梨県甲州市勝沼町。そこではパイオニアとしてシャトー・メルシャンのワイナリーが経営されてきました。
毎年現地で行われていたイベントが、今年は初めて東京で開催。山梨のワインを日本が誇る味としてもっと知ってもらうイベントになるようです。テーマは「Tasting Nippon」日本ワインをまず日本の人に知ってもらうこと。さらにワインを日本ならではの伝統や洗練された食や文化と共に楽しんでもらうことを目指しています。

会場ではグラスワインの販売やVRを使ったワイナリーの体験、スペシャル料理が。さらにアークヒルズにある「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」でもこのイベントに連動した料理とワインのマリアージュをお楽しみいただけます。

美味しいワインを日本から。これからもっと盛り上がる日本ワインを知るチャンスになりそうです。

シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO
■会場
東京都港区赤坂9-7-1
東京ミッドタウン キャノピー・スクエア
東京都港区六本木1-4-5
アークヒルズサウスタワー B1
シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル
■イベント期間
2017年10月6日(金) ~ 8日(日)
■営業時間
10月6日(金) 16:00 ~ 21:00 (L.O. 20:30)
10月7日(土)、8日(日) 12:00 ~ 21:00 (L.O. 20:30)

Official Website