5秒で気分転換♪ 香りのお守り〈アロマロールオン〉

デスクワークが続くと、「ちょっとリフレッシュしたいな……」という気分になりませんか? 席を離れられない時でも、ぱっと5秒で気分転換を叶えてくれる便利なアイテム〈アロマロールオン〉をご紹介します。

beauty

アロマロールオンとは?

アルコールまたは植物オイルにエッセンシャルオイル加え、ロールオンタイプの容器に入れたものがアロマロールオンです。肌に直接コロコロと転がすため、手軽に適量を使えるだけでなく、スプレーのように周囲を気にして使う心配もいらない優れもの♪ デスク回りで使うならば、香りが広がりにくいオイルタイプがおススメ。

簡単レシピで自分専用アロマロールオン

市販のアロマロールオンも数多く販売されていますが、自分でも簡単に作ることができます。

【材料】

・ホホバオイル 10ml
・お好みのエッセンシャルオイル 2滴
・ロールオン型の容器 (10mlのもの)
*おススメのエッセンシャルオイルについては、以下でご紹介します。

【作り方】

[1]ビーカー(なければ清潔なガラス容器)にホホバオイル10mlを入れる。
[2][1]にエッセンシャルオイルを2滴垂らす。
[3]マドラーなど棒状のものでゆっくりと混ぜ合わせる。
[4]ロールオン型の容器に移す。

複数のエッセンシャルオイルでブレンドを楽しみたい時には、2滴という量では満足できないかもしれません。そのような場合には、エッセンシャルオイル4滴ならホホバオイルを20ml、6滴なら30mlというように、濃度が変わらないよう計算して量を増やしてください。容器に入りきらなかったオイルは保存せず、マッサージオイルなどで早めに使い切るようにしましょう。

働き女子を助けるエッセンシャルオイル

リフレッシュしたいとき、気持ちを集中させたい時など、お仕事のシーンで役立つエッセンシャルオイルをご紹介します。アロマロールオンを作るときや、市販のロールオンを選ぶときの参考にしてください。

ローズマリー
集中力アップに役立つローズマリーは、デスクワークが続いたり、集中して仕事を終わらせたい! という時にピッタリ。血行を促進する働きもあり、疲れた肩や腕にコロコロすると疲れが和らぎます。

グレープフルーツ
甘さの中にほのかな苦味が混じるグレープフルーツは、仕事中でも使いやすい香り。精神的な疲労を和らげてくれるグレープフルーツは、ちょっと疲れてきたな……という時の気分転換にもおススメです。

ペパーミント
リフレッシュアイテムの代表ともいえるのがミント系タブレット。でも、刺激が強くて苦手……という方は香りでその効果を感じてみませんか? スッキリとしたペパーミントの香りは、眠気を吹き飛ばし頭をスッキリさせてくれます。頭痛や胃もたれ、乗り物酔いした時も活躍してくれます。

【注意】

*グレープフルーツのエッセンシャルオイルは、日光に反応し肌に炎症を起こす可能性があります。日中の使用は避ける、使用後は日光に当たらないようにするなど、注意してください。
*精油の中には、妊娠中の使用を避けた方が良いものがあります。妊娠中の方は医師やアロマテラピーの専門家にご相談ください。また、医師による治療を受けている方も、精油の使用について事前に医師にご相談ください。

植物のパワーで不調とサヨナラ

どれを選べばいいか迷ったときにおススメなのが、スイス生まれのナチュラルコスメブランド”nahrin(ナリン)”の「ハーブオイル33+7 ロールオン」。メディカルハーブを発展させた中世のヨーロッパ修道院の歴史を持つスイスのブランドだからこそできたブレンドは、修道院に伝わるハーブのレシピをベースにしています。ブレンドされているエッセンシャルオイルの数は、ユーカリ、オレンジ、ペパーミントなど、その数なんと33種類。さらに、ヨモギやアロエベラなど植物のエキスが7種類加えられ、40種類もの植物のパワーを10mlにぎゅっと閉じ込めた1本。

40種類の香りが少しずつ変化していくのを感じられるのも、楽しみの一つ。こちらも、仕事中の気分転換だけでなく、頭痛や肩こり、乗り物酔いなど、ちょっとした不調の時にも役立ちます。会社のデスクやポーチの中に入れておきたい、アロマのお守りのようなアイテムです。

気分を変えたい時、ちょっと調子が悪いなと感じる時、パッと取り出して使えるのがアロマロールオンの魅力。忙しい働き女子たちのお守りアイテムとして、自分のための1本を探してみませんか?