趣味のモノも、きちんとまとめてNO違和感。働き女子のすっきりマニアック部屋

みなさん、自分以外の人がどんなお部屋に住んでいるか気になりませんか? 今回は、ベンチャー企業に勤める働き女子の、リアルなお部屋をご紹介します♪ 真似したいアイデアや、「あるある~」と共感できるポイント満載です!

lifestyle

こんにちは!

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

「オフィスでもよく笑ってる」という、笑顔が素敵なこの女性。ベンチャー企業で働く「越智さん」です。今回は、働き女子越智さんの、マニアックな趣味もインテリアにしちゃう、なんともリアルなお部屋をご紹介♪

おじゃまします!

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

まずは玄関。時計がたくさんあるのは寝坊しないためだといいます。「あえてここの玄関に置いておいて、ベッドからでないとベルが止められないようにしてます」とのこと。なるほど、その手があったのか! そんな時計さえも、インテリアと化して素敵な雰囲気を醸し出していますね。

キッチンはきちんと整頓♪

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

そしてキッチンのようす。ちゃんと使われてる感があって、それでもすっきりと整頓されてるのが素晴らしい! 棚や引き出しにしまい込みすぎると逆に使いづらくなってしまいますが、このように「きちんと感」を出せれば、食品や調味料などが表に出ていても、まとまって見えますね!

リラックスできそうな、明るいお部屋

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

越智さんの部屋。すっきりしていて、窓から差し込む光が部屋をパッと明るくしていますね。敷いてあるラグやリネンの色合いも、バランスが取れていて過ごしやすそう。

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

ん……? ベッド脇に貼ってあるポスター! 映画「T2 Trainspotting」のもので、「大好きなんです!」とのこと。わかります、わかります♪ 大好きな写真や絵、ポスターなどは、とっておきの場所に飾っておきたいものですよね。思わず共感ボタン押しました(笑)

趣味さえも立派なインテリアに

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

そんな越智さん、「学生時代は旅行ばかり行っててぜんぜんお金がなかった」という旅行好き。スーツケースといえば、どちらかといえば普段はクローゼットに隠しておきたくなりがちですが、越智さんは自分のライフスタイルとして、素敵に飾っていますね♪

一見異色に見えても、意外とマッチ!

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

「コケはプレゼントでもらいました」とのこと。うんうん、素敵なコケ……ちょっと待って。みなさん、わかりますか? R2-D2がこんなナチュラルなスペースに、何故か違和感なく鎮座しています! まとまりがあってスッキリした空間だからこそ、こういった異色のコンビも素敵なインテリアとして映えるのですね。勉強になります。

好きなものは、いつでも見える場所に

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

越智さんは本当に好きな本と普段使っているものを、一緒に置いているようですね。このように大切なものだからこそ、いつでも見える場所に「すっきりと」置いておくワザは、是非とも盗みたいです!

出典:https://www.goodrooms.jp/journal/

みなさんのお部屋はどんな感じでしょうか? インテリアを工夫するってなかなか敷居が高い気もしますが、今回のようにスッキリまとめて「きちんと感」を上手に出せれば、持っている自分の大切なもの、好きなものでインテリアを楽しめそうですね!


goodroom journal
TOMOS people

goodroom journal
ひとり暮らしのインテリア

goodroom
オリジナルリノベーション賃貸 TOMOS