かぶと里芋の和風豆乳シチュー〜秋のほっとする和ごはん〜

朝晩は肌寒い日が多くなってきました。この季節になると美味しくなるのがシチューですよね。今回は市販のルーや乳製品を使わない、旬の食材を取り入れた和風の豆乳シチューをご紹介。しっかりコクのあるうま味に驚くはず!

gourmet

かぶと里芋の和風豆乳シチュー

【材料】(二人分)

・里芋(小芋) 4コ
・かぶ(葉ごと使う) 2コ
・にんじん 1/4本
・玉ねぎ 1/4玉
・鮭 一切れ
・米粉(小麦粉でもOK) 適量
・出汁 1カップ
・豆乳 150cc
・白味噌 大さじ1
・塩 適宜

【作り方】

[1]かぶは葉と実とつなぎ目の部分に分ける。葉は食べやすい長さに、実は8等分に、つなぎ目は半分に切ってよく洗う。

[2]里芋はおしりの部分を落としてから沸騰した湯で5分ほど茹でる。手で皮がつるんとむけます。

[3]鮭は食べやすい大きさに切り、両面に塩とコショウを振り、米粉(小麦粉でもOK)をまぶしておく。

[4]鍋に油を熱し、鮭を焼く。焼けたら一旦取り出す。

[5]他の具材を入れて炒める。油が回ったら鮭を戻し入れ、出汁を入れて8分ほど煮る。最後にかぶの葉を加えて火を通す。

[6]豆乳、味噌、を加え、塩で味を整えたら出来上がり。

「出汁と豆乳と味噌でこんなにコクがあってまろやかな味わいになるの!?」とビックリしてしまう美味しさ。余計な調味料や添加物が入らないのも嬉しいところです。

里芋やかぶの根菜をたっぷり入れることで食物繊維もたくさんとれます。鮭と豆乳からたんぱく質もとれるので、これ一品で栄養バランスも整いますね。かぶは葉にも栄養がありますし、つなぎ目は美味しい部分なので、余すところなく使いましょう。