四川や広東だけじゃない!~女子におすすめ雲南料理~

四川料理って、辛いんでしょ? 飲茶は広東料理よね? では、雲南料理って? 比較的日本人にはなじみのない中華の「雲南料理」。でも、実は薬膳に使われている乾物を多用していたり、コラーゲンたっぷりのスープなど、女子にうれしいポイントもたくさん! 雲南料理は四川に近く、唐辛子を多用し酸味辛味を楽しむもの以外に、鶏や雲南ハムでだしを取るあっさりヘルシーなものもあるのです。

trip

うま味たっぷりで、からだに優しい。

雲南料理というと、有名なのが米線。いわゆるお米の麺です。雲南省ではあちらこちらで目にすることができ、ホテルの朝ご飯などでもライブ調理してくれたりもします。

また、過橋米線とよばれる料理は、鶏の脂で覆われた熱々のスープに生の魚や肉、野菜を入れて食するしゃぶしゃぶのような麺料理です。いわゆる漢方薬と呼ばれる乾物も入っているので、それだけでも体によさそう。

次に、汽鍋鶏。汽鍋と呼ばれる独特な形の鍋で、時間をかけて作られる鶏のスープです。こちらにも薬膳料理によく使われる乾物が使われ、具材のエキスがぎゅっと凝縮されています。澄んだスープからは想像できないほどの濃厚なうま味。薬膳効果だけでなく、コラーゲン効果を期待したくなるのが女子というもの。

雲南の恵みを、美味しく召し上がれ。

雲南省は、きのこもよく採れます。したがって、雲南料理の具にはきのこがよくつかわれ、現地では、きのこ鍋のお店も人気があります。

鶏出汁や麻辣味など、お好みのスープにお好みのきのこを入れて食べるきのこ鍋。現地では、松茸なども採れるので、贅沢に入れてみるのもいいですね。

プーアール茶で有名な普洱市は雲南省。つまり、雲南省はお茶でも有名なのです。プーアール茶だけでなく、同じ茶葉から紅茶も作られています。古樹と呼ばれる樹齢が長い木から採れた古樹紅茶は、渋みが少なく甘い香りが特徴。また、珈琲豆も収穫できるため、雲南コーヒーも有名です。

辛いものだけじゃなく、実は体にも優しいものも多い雲南料理。そんな雲南料理に興味を持たれた方は、都内でも雲南料理が食べられるお店があるので、ぜひお試しを。

過橋米線(カキョウベイセン)
【秋葉原店】
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル1F
TEL:03-3835-7520
【吉祥寺店】
住所:〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-2-1 イセヤビルB1
TEL:0422-38-8528

過橋米線 公式HP