旬の生鮭を使って、ふっくら鮭入り炊き込みごはん〜ほっとする秋の和ごはん〜

季節に応じていろんな食材で楽しめて、具材を入れて一緒に炊くだけで美味しい炊き込みごはん。中でも秋の食材を使った炊き込みごはんは、みんな大好きですよね。旬の生鮭を使うと、塩鮭に比べて身がふっくらとやわらかく仕上がります。野菜で食物繊維もたっぷりとれる一品をご紹介。

gourmet

ふっくら生鮭を使った秋の炊き込みご飯

【材料】(二合分)

・お米 二合
・水 360cc
・ごぼう 50g
・にんじん 40g
・油揚げ 1/2枚
・しいたけ 3枚
・しょうが ひとかけ
・昆布 5cm
調味料A
・醤油 大さじ1
・ 酒 大さじ1
・ 塩 少々

【作り方】

[1]お米は洗って、分量の水に30分以上浸けておく。

[2]鮭の両面に塩を振って5分ほどおく。

[3]にんじんと油揚げは短冊切りに、ごぼうはささがきに、しいたけは薄切りにする。

[4][1]を土鍋(または炊飯器)に移し、調味料Aを加えて軽く混ぜ、昆布をハサミで細く切って入れる。

上に切った具材をのせて炊く。千切りのしょうがも加えます。

炊き上がったら、全体をさっくり混ぜ、鮭をほぐして骨があれば除く。出来上がり。

お好みでかぼすやすだちなどを添えて。出汁用の昆布はやわらかくなっているので、具として一緒に食べられます。

通年出回る塩鮭でも作れますが、今の時期に手に入る生鮭は身がふっくらとしているので、また違った美味しさが楽しめますよ。もっと具だくさんにしたいという方はお好みで野菜の量を増やしていただいても構いません。炊き込みご飯はそれだけでたんぱく質も食物繊維もしっかりとれるので、これにあと味噌汁があるだけで立派な食卓になります。

炊き込みご飯を炊いている時に香ってくる香ばしい香りは、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれますね。今晩の夕食にいかがでしょうか。