ご褒美バカンスに。バンコクから一時間ちょい、足を延ばして欲しい絶景ビーチ

通勤途中や仕事の合間、南国の青い空や青い海にふと思いをはせたくなる。そんな瞬間はありませんか? 微笑みの国タイは、ちょっぴり疲れた心をほぐすには最適の場所。日本から約6時間でたどり着くバンコクから、さらにちょっと足を延ばせば素敵なビーチがあなたを待っています。タイのビーチリゾートといえばプーケットやパタヤが有名ですが、ほかにも魅力的なビーチがいっぱい。バンコクからアクセスしやすい穴場ビーチをご紹介します。

trip

とっておきの夕焼けに出会えるビーチ・クラビ

316663_2203849888591_8115497_n[1]

波の音と広い空、夕暮れのオレンジ。
仕事のストレスや退屈な日常が、すっかり洗い流されるような、そんな特別な景色に出会えます。

314433_2203833928192_4069922_n[1]

バンコクから飛行機で1時間20分の場所に位置するクラビ。日本では見られない、切り立った岩の合間にたたずむ静かなビーチリゾートは、大人の隠れ家のような特別な雰囲気。のんびりとビーチで過ごし、毎日異なる夕暮れの景色を楽しむだけで、心がデトックスされること間違いなし。

shutterstock_125319602

クラビのビーチの景色を彩るのは、沖合いに点在する無数の島。
130ほどあるという島々を一日に何か所かボートでめぐる、アイランド・ホッピングも滞在中にぜひ一度は試したいところ。映画のワンシーンのような壮大な景色に身を置くと、人生の主人公は他でもない自分だと、リフレッシュした心にあらたな活力がわいてきます。

にぎやかさと穏やかさの調和・サムイ島

shutterstock_156824954

こちらも、バンコクから飛行機で1時間20分ほど。マリンスポーツやゴルフなど、アクティブに楽しめる島です。

shutterstock_301685687

もっともにぎわっているチャウエン地区には、美味しいシーフードやタイ料理のお店が立ち並び、キックボクシングのスタジアムもあり、ほどよい活気が楽しめます。

IMG_2280

ホテルのバスルームに、シャワー以外にこんな水がめが置かれているお部屋も。実はこれ、タイ式の入浴スタイルなのです。水がめからくんだ水を浴びてすっきりする、南の国ならではのアイディア。
きれいなビーチでのんびりしたり、スポーツで思いきり発散したり、おいしいものを食べたり……。

バカンスに必要なものが、素敵な自然と調和して存在するサムイ島で、満たされた休息時間を過ごしてみませんか?

極上の透明度を誇る・タオ島

shutterstock_365123618

サムイ島からさらに1時間半ほどフェリーに乗り、タオ島に向かうのもおすすめ! この島のビーチの素晴らしさは、なんといっても極上の透明感。海辺のコテージに宿泊すれば、目の前に広がる透んだ海を独占する贅沢な時間を味わうことができます。

shutterstock_365866208

東南アジア屈指の美しい海はシュノーケリングや、お試しダイビングにもぴったり。ライセンスを取得するのも素敵ですね。島には日本人インストラクターがいるダイビングショップが何軒かあるので、日本語で安心してダイビングを楽しむことができます。

大人リゾートなタイの旅

shutterstock_201696971 (1)

物価の安さもタイの魅力。大人リゾートなホテルや、美味しいご飯もお得に楽しめちゃいます。安くて技術が確かなタイ・マッサージで癒されたり、現地で安くて可愛いワンピースや雑貨のお買い物を楽しんだり、女子旅も大充実。きれいな海が恋しくなったら、ぜひタイの秘境リゾートに飛んでみてください。