映画『ナラタージュ』に見る、女を幸せにしない男の見分け方

島本理生の恋愛小説の映画化作品『ナラタージュ』。高校時代の教師と教え子という関係が、恋愛に発展するかしないかのギリギリのところを描いて、静かな感情を生み出すラブストーリーです。ヒロイン泉(有村架純)の切ない思いに胸が痛くなる一方、彼女をめぐる、まったく正反対の二人の男、葉山先生(松本潤)と小野(坂口健太郎)の人物像がとても興味深い! もしかしてこの男性たちは、女性を幸福にしてくれない男なのでは? と。2人の男にフォーカスして、女を幸せにできない男の特徴を探ってみましょう。

lifestyle

 

傷つきたくないズルイ男: 葉山貴司(松本潤)の場合

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

高校時代に理不尽なイジメにあい、孤独だった泉に声をかけて演劇部に誘った葉山先生。泉は優しい葉山に憧れ、それはやがて恋に変わっていきます。葉山も泉と一緒にいられる時間を楽しみ、いい感じなのですが、進展しないのは生徒と教師だから……というだけではないのです。

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

葉山は既婚者で、問題を抱えた妻がいます。妻との関係がうまくいっていないからこそ、卒業後、演劇部の公演の手伝いに来た泉に安らぎを感じます。彼は男として泉を意識しています。でもそこまでなのです。
いわゆるプラトニック不倫。彼は、二人の女性を傷つけたくないからこそ、その先に進まないとも言えますが、女性から見たら「じゃあ、優しくしないでよ」「再会のきっかけなんて作らないで」と思うでしょう。葉山は泉の気持ちをわかっていながら、心を惹きつけたまま止まってしまう。葉山はズルイ男なのです。

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

この手の男性、周りにいませんか? とても優しくて面倒見よくて、遊びに誘ってくれたり、褒めてくれたり、二人きりになるといい雰囲気にもなったりして。でもその先に踏み込んでこない。「何考えているの?」「どう思っているの?」というタイプ。それは自分が責任を取れないし、傷つくのが怖いから。ひたすら自分を守りたい男なのです。普段の行動が「優柔不断だな」と感じたら要注意。そういう男性は、恋愛でも葉山になる可能性大ですよ。

驚くほど二面性のある男: 小野玲二(坂口健太郎)

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

泉が母校の演劇部の手伝いに行った際に出会った小野。泉に惚れた彼は葉山と正反対に、泉に対して積極的。社交的で楽しくて気持ちをストレートにぶつけてくる小野に、泉も居心地の良さを感じます。葉山先生との関係が実を結ばないとわかった泉は、自分を笑顔にしてくれる小野と付き合いますが、付き合った途端、彼は変わってしまうのです。

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

自分が彼女に投げかけた愛情、彼女にしてあげたこと、その見返りを求めるのです。「自分はこんなに好きなんだから、もっと俺のこと好きになれよ!」と脅迫してくるような感じです。やさしいふりして、肝心なときに冷淡で、何もかもが極端。小野は笑顔の裏に凶器を秘めた男なのです。

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

こういうタイプは、取りつくろうのが上手いので見抜くのは難しいのですが、後輩との付き合い方や、お店などサービス業の人に対する態度などに表れるかもしれません。融通が利かないことに遭遇したとき「チッ」と舌打ちしたり、後輩に対して横柄に振舞ったりしていたら要注意。お付き合いした途端、変貌するかもしれませんよ。

© 2017 「ナラタージュ」製作委員会 all right reserved.

正反対の葉山と小野。ラブストーリーの王子様かと思ったら「実は違った」という珍しいパターンで、ある意味、『ナラタージュ』は画期的な恋愛映画と言えるかも。松本潤と坂口健太郎がこの特異なキャラクターを熱演。映画館でぜひ確かめてみてください。

ナラタージュ
■監督
行定勲
■キャスト
松本潤/有村架純/坂口健太郎 ほか
■上映時間
■配給
東宝=アスミック・エース
■劇場公開情報
2017年10月7日(土) TOHOシネマズ ほか全国公開

Official Website