滲み出るような自然なツヤ。クッションファンデってやっぱりすごい♡

ツヤとハリを重視した「水光顔メイク」で大人気の”クッションファンデーション”。美容への関心が高い韓国発のファンデです。イブサンローランやランコムなどのデパート系のコスメブランドからも続々と登場し、クッションファンデブームの勢いはまだまだ止まりません。そろそろ一個ぐらい試しておかないと話題に乗り遅れちゃうかも!? オススメの商品や使い方をご紹介したいと思います。

making-up

内側から滲み出たようなツヤ肌に♡

IMG_0333

クッションファンデの最大の特徴は、何と言ってもツヤ。ツヤって、肌の調子がいい時や元々肌が綺麗な人にしか味方してくれないのでは? と思いがちですが、クッションファンデは気になるところに重ねてつけると、クマやシミなどの欠点もカバーしてくれるという優れもの。二日酔いのどんより顔も、あっという間にツヤ肌美人になれちゃいます。

shutterstock_395172751

使い方は簡単。多くのメーカーのものが下地の役割を含んでいるので、化粧水のあとにそのままクッションファンデを乗せてOK。目の下のクマや、シミなどが気になる方は、指で気になる部分にファンデを叩き馴染ませた後にもう一度重ねると、よれずにカバーが力アップします。鼻筋、目の下、上唇の上、顎に重ね付けしてあげるとツヤ感アップ。ほうれい線が気になる方はラインに沿ってポンポンと足して下さい。内側から滲み出たようなツヤ感に、きっと驚くはずです。

 

フェイスパウダーでお好みのツヤ感を

shutterstock_162583736

テカりやすい方やツヤを少し抑えたい方は、ハケを使ってフェイスパウダーを、おでこ、鼻、フェイスラインに乗せておきましょう。時間が経って、もしテカってきてしまったら、指で軽く押さえて馴染ませてあげましょう。崩れが気になってしまう方は、気になるところに軽くポンポンと付け足してあげれば化粧直しも素早く簡単です。

 

クッションファンデーション選びは、カラーが決め手

クッションファンデは軽くつけてもしっかりつくので、ご自身のお肌に合ったカラーを選ぶことが重要です。

shutterstock_348801398

専用のスポンジで軽くポンポンとつけたり、重ねてカバー力を出したりと調節が出来るので、肌の調子にあわせて塗り方は自由自在。
白く見えやすいファンデーションですので、店頭でのタッチアップが出来たらベストです。頬や首につけて、差がありすぎないかチェックしましょう。白すぎるファンデーションは、オフィスなどの蛍光灯の光ではさらに青白く見えてしまうので要注意。インターネットなどで購入する際は、少し暗いかな?と思う程度の色がオススメです。

 

相性の良いチークやアイシャドウ

IMG_0530

ムラなくつけるには、パウダータイプよりも同じクッションタイプのチークや、クリームチーク、液体チークがベストです。アイシャドウも同様に、水分のあるもののほうが、よれずにつきますし、相性も◎

<DATA/写真左>
A’PIEU クッションチーク(パッケージは限定)

<DATA/写真右下>
THREE ウイスパーグロスフォーアイ02

■価格: 3,300円(税抜き)

<DATA/写真右上>
Visse クレヨンアイカラーOR-3

■価格: 1,200円(税抜き)

クッションファンデの最大の武器はツヤ感。いかにもお化粧してますよ的なメイクは重くなるのでNGです。チークは控えめに。黒目の下、頬骨が交差する点から外側に指3本分くらいの範囲で馴染ませましょう。

IMG_0334

筆者はブラウンのオフショルダートップスに合わせ、ブラウンのクリームアイシャドウとクッションタイプのクリームチークをオン。
ツヤを味方につけて、質感のあるフェロモン肌でお出かけです。