マークで解明!このドレス洗える、洗えない?簡単見極めポイント

いざという日に着たいおしゃれ服やドレスは扱いが大変……。そんな洋服の中でも近頃は洗える服が出てきました! 洗えるかどうかを判断するアプリも登場していますが、ポイントをつかめばその判断は意外と簡単なんです。お手持ちの勝負服だって、おうちでお洗濯ができるかもしれませんよ。

fashion

このマーク知ってる? 洗える服ってどんなもの?

shutterstock_177133721

洗えるかどうか、何で判断していますか? 衣服のについているタグに表記されている実際のマークで見ていきましょう。

洗える1再

↑どちらかのマークなら洗濯機で洗濯できます。ただし、手洗いマークはネットに入れる、弱水流にするなどが良いですね。

洗える2再

↑気をつけて洗えば大丈夫なものもあります。素材、加工、付属しているもので洗えるかどうか判断します。
※マークは消費者庁HPより引用

タグを見て素材を確認してみてください。綿、麻、ポリエステル、ナイロン、アクリルは洗濯機で洗えますし、洗剤は弱アルカリ性、中性のどちらも使えます。ただ、加工や付属品によっては注意が必要です。ウール(毛)はアルカリに弱く縮みやすいので中性洗剤で手洗い、洗濯機洗いならネットに入れましょう。シルク(絹)、レーヨン、キュプラの水洗いは避けた方が無難ですね。

付属品や色落ちにはご注意を!

shutterstock_408228394

スパンコールや特殊なボタンなどの装飾品、プリーツやしわ加工などの加工剤は洗濯でとれてしまうことがあります。スーツやコート、ネクタイなどは芯地が入っていたり、接着されていたりする場合が多く、洗濯でこの芯地だけが縮んでしまうことも。また、裏地がついているときも要注意。ウールなどは洗濯で表地だけが縮んでしまい、裏地がはみ出してしまう場合があります。

また、水で色落ちするものは家での洗濯はしない方が無難。目立たないところに洗剤と水を少しつけてあらかじめチェックしてみましょう。タオルでおさえてみて、タオルに色がつかなければ色落ちの心配はありません。

衣類ダメージ対策は万全に

shutterstock_372828934

洗濯で汚れを落とすのに必要なのは、水、洗剤、そして力。これらは汚れを落としてくれると同時に衣類にダメージを与えるものでもあるのです。

デリケートな衣類は中性洗剤を使用。洗濯機の水流を弱める、手洗いするなどして力を調整し、水に浸かっている時間を短くすることでダメージを少なくすることができます。このポイントを押さえておけば大丈夫です!

 

衣類を知ることが、洗濯上手への第一歩です

洗剤イラスト小

洗剤や洗濯機、加工の方法や素材にバリエーションが増えたことに伴い、自宅で洗濯できる服も増えてきました。ただ、機械や素材の力に頼りきらず、まずは自分で衣類のことを良く知ること大事。クリーニングに出す手間と費用を減らせる服であっても、洗濯に失敗して着られなくなっては元も子もありません。上手に洗って、すっきりさわやかな夏を!